トップへ » 歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称です。

歯肉に限局して炎症がおきた状態を歯肉炎と呼び歯肉の発赤や腫脹も生じます。この時点では周囲組織の破壊、特に骨の破壊はありません。

ただし、歯肉炎を放置すると正常な歯肉溝に細菌が新しく棲み着いて活動を始め、溝も深くなってゆきますが、こういった病的歯肉溝は歯周ポケットと呼びます。このようになると歯肉炎から歯周炎に病態が変化したと考えられます。

歯周ポケットは次第に深くなり歯周病菌の巣窟になります。これら細菌はヒトの免疫細胞により攻撃を受けます。この結果、戦場となった歯周ポケット周囲は戦場の焼け野原として支持組織の組織破壊(歯槽骨の吸収や歯根膜線維の障害)を生じます。

自己を守るため攻撃したはずが、歯の支持組織(歯槽骨など)を壊す結果になったのです。こういった状態を歯周炎といいます。臨床では歯周ポケットが深くなします。

また、歯周病は主に表から目で見えづらいところで生じ、自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。歯周病は全て、口の中にいる細菌が原因で生じます。よってこれら細菌を除去して治します。すなわち、歯周病治療の基本とは原因除去を徹底的に行うことですものです。


トップへ » 歯周病とは、どんな病気なのですか?