トップへ » 歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、虫歯予防と同様に何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯茎周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌が歯肉溝へ進行していかないようにします。

原理から言えば、こうすれば歯周病を食い止めることができます。ただし、既に歯周ポケットが形成されていれば、歯周ポケットの深くまで細菌は進行してゆき、容易に細菌は除去できません。

歯周ポケット内の歯垢や歯石は、患者さんのブラッシングだけでは清掃や除去はできません。そこで、歯科医院で原因である細菌(プラーク/歯石)の清掃・除去を行う必要があります。患者さんご自身のブラッシングなどのセルフケアと歯科医院で行うスケーリング&ルートプレーニングなどの相互の取り組みによって歯周病を直してゆきます。さらに、メインテナンスにより再発予防をしていきます。必ず患者さんと我々の両者が継続的に努力する必要があります。


トップへ » 歯周病はどのように予防するのでしょうか?