トップへ » 審美歯科治療に保険は適用されますか?

審美歯科治療に保険は適用されますか?

「審美云々」といった用語には問題があります(別項参照のこと)が、
歯科診療は保険診療と自費診療に分けられます。
いわゆる一般に審美修復や審美補綴物といわれるモノなどは概ね保険対象外です。
保険外ですがセラミックス系の補綴物は美しく耐久性があります。
保険では部位は制限されていますが一部認められている"レジン前装冠"の場合は前装部は色素沈着し易く耐摩耗性もセラミックスに比べれば低い欠点があります。一生使用する前提では難しいとも言えます。
特に若い患者さんにはそういった短所から一般には我々からは前歯のレジン前装冠は敢えてオススメしていません。
長所と短所を知った上でご自身で充分考えて補綴物の選択をして下さい。

最近、CAD/CAM冠といわれるコンピュータを介して技工操作をする方法論で作製される歯冠修復物(歯質色の冠が利用可能)も小臼歯部でのみ保険算定可能になりました。
昨今、早速その冠が破折して他院から来院した患者さんもいました。
新材料は適切な方法論で治療しないと思わぬ問題が生じ得ます。

*最新の方法淪や材料を使いこなせない歯科医に1番問題があると私は推察しています。


トップへ » 審美歯科治療に保険は適用されますか?