トップへ » 奥歯を(オール)セラミックにしても割れませんか?

奥歯を(オール)セラミックにしても割れませんか?

セラミックス(陶材系材質)は、天然の歯と同等レベルの物理的強度がありますので適用できます。

ただし、噛み合わせの状態や歯ぎしり等が強い場合は問題になることはあります。
また、 噛み合う歯に金属冠が被っている場合は、噛み合う歯も同じセラミックに被せ直す必要があります。この常識を無視して修復することはいたしません。

また、オールセラミックより金属の裏打ちのあるセラモメタルクラウンの方が強度的に有利なケースも多いと考えます。当院ではセラモメタルクラウンをオールセラミックスよりも臼歯部では安全な修復物として推奨する場合があります。この判断はケース・バイ・ケースです。

セラミックス(ジルコニアやハイブリッドセラミックス)は、多くの被せモノや詰めモノに適用可能です。最近では、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

*あらゆる口腔内に装着した補綴修復物という人工物は、破折など壊れる可能性があります。当院では、ケースに応じて壊れるリスクを最小限にする努力をしています。その上でも、究極的には不可抗力が存在する点を予めご了承下さい。

*昨今,新素材の開発によりハイブリッドセラミックスやジルコニアなど藻登場しています。症例によっては使用可能な時には補綴素材としてそれ等も採用することが有ります。補綴物の素材は要相談です。


トップへ » 奥歯を(オール)セラミックにしても割れませんか?