«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月16日

   昨日は朝一番の患者さんは名古屋から新幹線で来院された。

この方のお話を聞けば震災後,お子さんの健康を考えてまずは汚染環境の東京を出て名古屋に家族で移住されたそうです。ご自身も心臓の鼓動に異常感を認識したこともあって益々危機感を持って移住に至ったそうです。
 それにしても、私のオフィスでは震災後に家族の健康を考えて他の事は全部捨ててなりふり構わず首都圏を脱出した聡明で勇気ある主婦に幾人も遭遇しています。実は人間として子供を守る母親として私は彼等を本当に尊敬しています。

最近、病識すら無い異常言動の患者さんが続々と来院されて驚愕している中,この患者さんの様な人間力が有る強い女性に昨日は遭遇できて、チョットだけ私は日本の世の中もまだ捨てたものではないと少し安心しました。


  以前もお話したように,ブログで私が臨床写真や私の臨床姿勢をお話しているので多くの患者さんが遠方より新幹線や飛行機を使ってでもたった一本のう蝕治療のためにでも来院されます。
昨日の患者さんも私のブログのインレーの下に軟化象牙質が腐っている画像に驚いて自分が困っているインレーが装着された歯も同様ではないかと疑ってしまい怖くなったことも来院動機になったそうです。すなわち彼女はかなりマニアな私のブログの読者でSNSのフォロワーだったようです。

不良インレー1.jpg
↑これが患者さんが仰った インレーの下の歯質が腐っている画像

遠方から来院される方々にお聞きすると、皆一様に交通費を払ってでも「1,2回で幾年も悩んでいた歯の問題が解決されるのならタダみたいなものですよ」とご評価して頂けます。コンポジットレジン充填で終わるようなう蝕治療では、一回の治療で終えることも可能ですが、その他の治療は幾回も必要である事実も知って下さい。
しかし、今回の患者さんのようにそういった喜びを感じて頂けたとのコメントは私にとっては身に余る光栄です。


s_tani.1jpg.jpg


s_tani.2jpg.jpg
昨日の患者さんは、他院で行われた不良なハイブリッドセラミックス製インレー(第一小臼歯と第二小臼歯)を2本除去してその隣の金インレーが装着されている第一大臼歯の近心側コンタクトに出来た隣接面う蝕のこれら計3本をコンポジットレジンで適切に充填して3時間半の治療を終えました。

*今回のケースでは、小臼歯が浸みたのは隣接面から派生したう蝕病巣が除去されないままインレーでカバーされていなかった事が原因でした。

このレントゲン画像のように、う蝕病巣が放置されていても明確にレントゲン画像上では判別できない性質を知って下さい。
またセラミックやハイブリッドセラミックスインレーはレントゲン画像上では写らない性質も知って下さい。充填物を除去して直視してう蝕病巣を確認して治療しています。


昨日も遙々名古屋から来院されたこの患者さんとはバックグラウンドを知るために1時間弱の話をする中で、治療すべき箇所も明確に理解させて頂けました。
私のオフィスでのこういったコミュニケーションは治療にフィードバックする大切な情報を与えてくれることを再認識できました。


患者さんも長時間の治療でお疲れだとお察し致しますが,何よりも数年来の嫌な歯の症状が一気に1回で解決されて心が晴れた様な爽快な面持ちでお帰りになられた。

今度は夏休み前に旦那さんやお子さんもお連れになりたいと語っていました。
最後に、この患者さんは私に右手を差し出して握手を求めて下さいました。

患者さんに来院して良かったと喜んで頂けたことが私への代えがたい報酬と言っても過言ではありません。

 

 

    患者さんとは正に一期一会です。


 

 

麹町アベニューデンタルオフィスでは、患者さんのお住まいの近隣に適切な治療を行える先生がいないで困っている方々に、精一杯の治療を可能な範囲で処置する事を日々行っています。
う蝕治療は1,2回で可能な処置も沢山ありますが治療内容によっては何回もご来院頂く事もありますので、診断後患者さんの通院の都合に合わない場合もありますので予めご容赦下さい。

詳細は電話でご相談下さい


 

V





















Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。