«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年9月29日

◎全身麻酔時に歯が脱落した。そして来院:






実は以前、ある患者さんが病院で手術して前歯が脱落して来院したことがありました。


前歯脱落した写真.jpg
このように前歯は脱落します。
金属製の築造物の長さや歯質の健全性が乏しい等の悪い条件で非常に外れやすい状態だったと思います。
そして、そこへ大きな噛み込む力がかかったために前歯が脱落したと思われます。





病院では手術時の全身麻酔の際に、特に前歯が欠けてしまう偶発事故が時々起きています。

麻酔科医や外科医の間では良く知られた事のようです。
また病院によっては、事前に弱った前歯や虫歯が欠ける可能性があることを説明する場合もあるようです。  

しかし、病院ではその歯科的な対策をすることはないと思います。
 ですから、皆さんは事前に入院や手術の予定がある方は正しい歯科治療と何らかの対策をした方が良いかも知れません。




学生時代、身内が入院した際に某医療センターの麻酔科医の先生にお話を伺ったことがありました。

麻酔科医の先生は、以下のようにおっしゃっていました。

「歯医者の先生方が治療した前歯は時々壊れたり、脱落することがありますね」
「大部分は、気管内挿管の抜菅の際が危ないですね」


私はこれを聞いて、そういった歯科関連の問題が全身麻酔時には起きることをその時に初めて知りました。




全身麻酔に関しては浜松医科大の易しい解説 を是非参照して下さい。




 開業してから、しばらくあまりそのようなことを気にしていませんでしたが、↑の写真のような感じで前歯が外れたとある患者来院されました。

入院し手術時に前歯が外れたとおっしゃっていました。
すなわち、気管内挿管のチューブを無意識に咬み込んでしまい非弱な前歯が耐えられずに脱落してしまったようです。

このように、弱った前歯はモノを強く噛み込んでしまうと壊れてしまうことがあります。
それが、入院中だと例え病院に歯科外来や口腔外科があっても必ずしも適切な対応がされないことがあるようです。






◎大切な歯のために歯科が適切に対応すべきこと


入院を前提とした患者さんへは、以下のような(応急)処置や対策が可能です。

特に、・条件が悪い前歯の補綴物が装着された場合
       ・重度の歯周病患者さんで前歯の動揺度が大きい場合

      などの患者さんは、もし入院する事が事前にわかる場合は適切に備える必要がありそうです。
  例えば、進行した歯周病の患者さんで前歯の動揺が大きい方は、ワイヤーを併用して暫間固定(歯を暫間的に固定処置する方法)などで対応できる場合には事前に対応すべきでしょう。

特に前歯に虫歯がある時には必要な充填処置や補強などの対応は必要です。

そして、以前前歯部を補綴治療した患者さんで脱落の心配がある場合は、後に書くようなマウスピースなどによる対応は実際的であると私は考えます。

◎マウスピースで前歯を保護しました。




ある時以前、前歯部を陶材焼き付け冠(セラモメタルクラウン・メタルボンド冠)で治療した70才の患者さんが再来院しました。
近々、入院して胃の手術をするとのことで全身麻酔に備えてマウスピースを作製しました。

マウスピース2.jpg

この患者さんには上下マウスピースを作製しました。
装着して術中に外れないような柔軟性のある少し厚みがあるマウスピースを作製しました。


マウスピース1.jpg

バキュームの硬い管を試しに噛み込んで、歯を充分に保護することを確認しているところ。

手術前に、執刀医と麻酔科医に説明してもらい、術中はマウスピースを装着した状態で全身麻酔をしてもらいました。
このマウスピースを実際にこの患者さんが使用し無事に手術を終え前歯も無事て喜んでもらえました。





入院や手術を受ける予定のに皆さんへ:

入院や手術の前に不安がある方は必要な歯科治療をお受けになってから、入院や手術をお受けになることをオススメします。

治療をご希望の方は当院へお問い合わせ下さい。







Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。