«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年4月 3日


石坂浩二は大丈夫なのか? 

 



昨日、一つ前のブログ記事に書いたように昭和を代表する知性派で博学な二枚目スターが俳優の宝である前歯の治療やたぶん奥歯の治療もすること無しに放置してルックスだけで無く滑舌さえ悪い状態でいるこの状態こそ彼の一流のスター性からいえば、大変妙で信じられない事だと考えています。

 もしや、石坂浩二の人格や頭の中に妙な変化があるのでは無いかと懸念しています。
テレビ東京の「お宝鑑定団」がらみでは制作側とのトラブルを起こした件でも、彼のような俳優が起こすトラブルとしてはどうにも釈然としない事を私は感じていました。

確かに"扱いずらい俳優"だというのは制作側の視点では一理あるように思いますが,石坂浩二にはもっと真っ当な道を歩んで欲しいと思うのは私だけではないでしょう。

そしてあの口元のまま放置している現状は老化による性格の変化とも思えないように感じます。 
更に昼帯ドラマ「やすらぎの郷」の共演者加賀まりこに彼の二枚目スターらしからぬ「シャツを半分ズボンから出したまま,髪の毛を寝癖の立ったまま楽屋には行ってくるのよ」とダラシナイ楽屋入りの状態など聞くに付け、かなり心配をしなければならない彼の中の変化を私は感じています。

私は、3.11後の人々の異様な変貌と同様なモノさえ感じてしまいます。
たぶん,仮に治療を始めたとしても今の石坂浩二には治療さえ完結できないように思いますし、最近増加している治療を完結できない患者と同様な異様なものを感じています。これ等の患者の変化を臨床で沢山観てきた私の臨床家としての真っ当な勘です。


こういった俳優人生にも関わる石坂浩二の異様な変化にはファンとしてだけで無く医療従事者としても私は今後も注目してゆきたい。





















   既に数年前から気が付いていたことですが、石坂浩二の上顎前歯部が離開・前突しているようです。彼はそれを見せないように上唇で意識的に隠そうとしています。 

石坂浩二はTBSドラマ「ありがとう」時代からTVではよくお目にかかる言わずと知れた一流の二枚目スターです。私は「ウルトラQ」のDVDを見ていて石坂浩二のナレーションだったのを見つけて改めて、昭和40年代から多義に渡り良い仕事をしていたことに気づかされ驚いたのを思い出しました。

石坂浩二の異変に最初に気づいたのは、テレ東の「お宝鑑定団」で、彼が話している様子をみてその口元の異様さを感じた時でした。


 



○歯周病による前歯部離開・前突


一般に、歯部離開・前突は歯周病の患者さんに多い症状変化です。

  歯周病を治療しないで放置すると臼歯部で重症化し大臼歯を抜歯するか自然脱落する事が起こり得ます。それによって臼歯部の噛み合わせが低くなって顎間距離が近づいて→結果的に上顎前歯部の歯の裏に下顎前歯の切端が強く当たり上顎の歯は前突と同時に離開し歯と歯の間が空いてきます。 

ですから、石坂浩二さんも大臼歯を複数本喪失し臼歯部に局部床義歯(パーシャルデンチャー)も人工歯根も埋入していない状態を放置しているものと予想します。


一般的にはこのような前歯部の前突・離開を防止・治療するためには臼歯部にパーシャルデンチャーやインプラントなどで咬合を確保して治療することが考えられます。

この時,歯周病のまま人工歯根を埋入してはインプラント周囲炎を生じるリスクが格段に高くなる(インプラントの禁忌症です)ので充分に残存歯の歯周病を治療する事が肝心です。
危険ですから誤っても,歯周病治療をしないまま人工歯根を埋入する様な巷に多い馬鹿な詐欺歯科医に治療を任せないようにご注意下さい

私的には多くの患者さんは、 従来型の局部床義歯でまずは咬合の安定を確保する手段が安全だと推奨しています。その後の選択肢にインプラントも有り得ますが。



ここからは、石坂浩二さんの口腔内を予想致します

石坂浩二前歯離開.jpg

この写真は,数年前の石坂浩二さんですが、この時にはもう写真のように上顎前歯部の歯と歯の間に隙間が空いて離開し前突し始めています。 

テレ東の「お宝鑑定団」で数年前に観た時には上の写真以上にもっと大きく離開しているようで痛々しく思いました。
それから少しは治療を受けたのか否かは解りませんが,今日,TVで観た石坂さんもやはりそのままの状態(前突・離開のまま)でした。



石坂浩二若い頃.jpg

上の写真は20代の若い頃の石坂浩二さんです。もちろん ご覧のように歯が綺麗に並んでいました。




石坂浩二口を結ぶ.jpg

上の写真は意識的に石坂浩二さんが前歯部が見えないように、そして前歯部が前突して出っ張りが気になるので口輪筋に力を入れて歯を戻そうとする特有の口元をされている様子です。
たぶん、前歯部でも歯周病が重度に進んで動揺度が大きくなっているので尚更かも知れません。
これは多くの同症状がある患者さんに共通する症状です。

それから、前突や離開で問題になるのが、発音が不明瞭になる事です。
特にサ行の発音が不明瞭で綺麗な発音が困難になります。
現に,石坂さんの発音やセリフが以前の様な滑舌の良いキレがありません。 

皆さんも、本日(4/3)12:30から始まるテレ朝,昼ドラマの「やすらぎの郷」をご覧になり石坂浩二さんを観察してください。



○上顎前歯部離前突・離開の治療方法:

・とにかく歯周病の治療をする
・まずは仮義歯で顎間距離の確保と前歯部の局所的な矯正力による傾斜移動をする

これ等を同時に行って、前突と離開の改善を行い、最終補綴物としての義歯や歯冠修復物が必要ならそれを作製し装着して咬合の安定と咀嚼運動を正常に行えるよう改善します。

バランス良く咬合の確保と歯周病治療を行うことが肝要です。同じような症状で悩む多くの患者さんが潜在的にいるので、もし同様な症状の方がいれば是非我々のオフィスまでご来院ください。
















Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。