«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年9月10日

  
  

米国で7年間無資格診療していたニセ歯科医が逮捕された。詳しくはこの記事をお読み下さい。

容疑者.jpg


  このニセ歯科医は、7年間も実際に自身が作ったクリニックで無資格診療をしていたそうですが、日本でも相当前からニセ歯科医による無資格診療のうわさは良く聞こえてきました。

ただ、日本では医院経営をする院長が無資格で長期間診療をすることはまず無理です。
そのかわり代診と言われる勤務医の若い先生は無資格であってもなかなか患者さんや監督官庁にも解りません。

これは医科のクリニックでも同様ですが、免許証をいちいち確認してから治療を受けるような事はありませんし、 白衣を着用すれば誰でも歯科医と思い込んでしまいます。

同様に、マンションやアパートのドアスコープで外を覗いてドアの前に青い横シマのシャツを着た人間が荷物を持って立っていれば、佐川急便の配達員だと思い込んでドアを開けてしまいます。
特に、若い独り暮らしの女性は要注意!

とにかく医院では資格の有無が解らない状態の白衣を着た人間の治療を受けているのが現実だということに、私は患者さん方に、時には疑問をもっと持ってもらうたいと思います。

○歯科大卒業でも国家試験に受からない人間が無資格診療するらしい

ところで,日本では歯科大を卒業した後、長年国家試験に合格できない人間がかなり沢山います。
時には卒業も出来ずに放校になって無資格のまま見よう見真似で治療行為をする人間さえいると噂されています。もちろん、治療されている患者は確かに治療してくれたものと信じ込んで全く疑いもしません。

国家試験に合格できなかった人間の多くは数年間は国家試験予備校に通っていますが、その後経済的理由から巷の歯科医院で無資格診療をする者が一部にいるらしいことはよく噂されています。
そういった場合には院長も事情を知りながら安い給与でそういったニセ歯科医を使っているのは想像に難くありません。ですから皆グルで無資格行為を容認して放置させ続けているのでしょう(=犯罪です)。

また院長なら医療機関の登録には免許証の照会も必要なことから虚偽の開業は日本では無理ですし、プロフィールを明かせば経歴詐称は歯科界が狭いという特異性から必ずバレますが、代診の勤務医なら,全く身元を明かさないで歯科医師のような顔をして歯科治療し続ける事は可能かも知れません(よって、代診の勤務医にニセ歯科医が多くなるのです)。

患者さんは、いちいち担当医に、何処の歯科大何年卒業で、近隣では何処の歯科医院に同級生ががいるのか聞くことは通常無いでしょうが、もし先生が嫌がるほど執拗に経歴を聞き出したら、ニセ歯科医は必ず経歴にボロが出てウソを通しきれません。

○歯科界では、歯科助手や歯科衛生士で無資格や資格外治療行為が一部にあり得ます
  
以前、スタッフ募集をした際に驚くような歯科助手や歯科衛生士がいたことを思い出します。

例えば、(公的資格が無い)歯科助手でありながら、歯周病治療のポケット内歯石除去=SRPを院長が自由にさせている医院があることを知りました(SRPは歯科医師と歯科衛生士しか行えません)。

「先生の医院ではどの程度まで助手にSRPさせてくれますか?」と聞いてきた歯科助手が数名いました。すなわち,一部の歯科医院では助手(無資格)に歯周ポケット内の麻酔下で行SRPまで平気でさせている実態が解ります。

また,歯科医衛生士に歯周外科中に、歯肉を剥離した後、続きの手術を歯科衛生士に行わせている医院もあるのです。実は意外に多くの歯科医院でこういったことは平然と行われている実態を実は私は前から知っていました。

 そんな恐ろしい歯科医院の中に、中央区でインプラントなど頻繁に行うかなり宣伝している歯科医院もあったので驚きました、その歯科医院の場合には歯科衛生士自らが、そんなトンデモ無い違法行為を当たり前のように悪びれもなく語っていたので院長から違法行為を当たり前のように洗脳されている実態があることに驚きました。

概して、そういった歯科医院ではスタッフ全員が常識のように院内システムとして資格外の違法な医療行為を行っているようなので更に驚愕します。

そいった処の院長の特徴は自信満々に医院の治療を過大に自慢する妙な性格が強いので素人の患者さんでも少し怪しいくらいに尊大で嫌味なほど自慢げな院長には気が付くと思います。 

院長の発言に無批判に洗脳されている患者さんは"技量がある歯科医師"だと逆に勘違いする事もあるので、受診した医院の素性で院長やスタッフの誠実でない側面に大きな違和感があれば懐疑的に受け止めた方がよいと思います。 

患者さんはいわゆる怪しい口コミサイト(当院も虚偽のコメントを書かれて迷惑しています)、書き込むと商品券がもらえるという妙なサイトがあるようですが、利益が得られない慈善事業のサイトは無いのでそのサイトはどういった利益構造で運営されているのか懐疑的に捉えるべきだと思います。そうすれば、サイトでのコメントを信用する事無しに悪意ある虚偽の書き込みも判断できます。 

すなわち、医療機関に関してミシュランはありません、怪しい利益構造で成り立っているサイトが多く存在します.そのような処を信用するのではなく知性を持って理性的に医院を選択するようにして下さい。

  知的常識や判断力を磨くことが大きな歯科治療の失敗を回避する秘訣です。

 治療のご用命は麹町アベニューデンタルオフィス までお電話予約して下さい
























Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。