«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月22日


以前から成人歯科矯正には注意するように当院は注意を促していましたが、また初診患者さんに成人歯科矯正を受けたという方が来院してレントゲンを撮ってみたら下のような状態でした。

この患者さんご本人も訴えているように口腔内全体の歯茎が異様に退縮して歯の動揺が病的な状態になり不安で仕方がない状況です。ハッキリいえば歯周病治療も行わないまま着手された不良な成人歯科矯正で医原性疾患としての骨吸収と咀嚼不良と根面う蝕まで生じています。

また二次的に露出した歯根に多くの根面う蝕まで発症して臼歯部ではこれによって歯髄が失活している箇所もあります。

全て担当した矯正医の学問的認識不足や責任感の無さに因り起された医原性疾患です。

患者さんの言では担当医は海外留学先で矯正治療を勉強した方だと聞いて確かな知識がある先生だと思って受診したそうです。

残念なことに私の周囲でも留学云々といったことを語っていてもトンデモナイ治療をする先生が沢山存在しています。
海外留学した先生が必ずしも良い臨床家だという保証はありませんから騙されないようにすべきです。

harada_tomoko2.jpg


特に下顎前歯部の状況がこの患者さんの医原性疾患を明確に現しています。
すなわち、写真のように下顎前歯部の骨の支持が約半分にまで減少しています(白線の間が吸収した量です;数ミリ〜1センチ弱の吸収)。
矯正医は保定を兼ねてスーパーボンドによってこれ等の歯を固定したそうですが、吸収した大切な歯槽骨の支えはもう戻りません。

結果的に重度歯周炎の治療をした後と同様な状況に歯周炎の下での歯科矯正によって大切な歯の支えになるはずの歯槽骨を人為的に失わせてしまったことになります。
トンデモナイ歯科医原性疾患をその矯正医が人為的に作ってしまったわけです。


harada_tomoko3.jpg

歯周病治療を済ませていない状態で歯科矯正治療した際に見られる典型像の一つの根分岐部病変がこのケースでも下顎大臼歯部に認められました(白矢印部:歯根の又の部分)。

矯正治療の動的期間に歯肉縁上のコントロールの徹底をしないと歯牙移動の最中に歯肉縁上のプラークを歯肉縁下にまきこんでしまうことがあります。よって動的期間中は医院でのクリーニングやセルフケアの重要性は常識のはずです。しかし患者さんによれば、全くそのようなケアをすることも無かったらしいのです。
更に動的期間の後のメインテナンスも無かったようで、無責任な不良な矯正治療にもかかわらずお金だけ矯正医は患者さんへ請求していたことになります。一般の業種なら法的には詐欺です。
換言すれば、医原性疾患を高いお金を払って買っているような状況です。


harada_tomoko のコピー.jpg

根分岐部病変は歯周病治療で最も厄介で治療が難しい欠損ですから、これが進行したら大臼歯の保存が脅かされることになります。

まとめ:

いつも私が書いているように歯科治療は担当の歯科医師(歯科医院)の選択で全て決まります。
歯科医のプロフィールや学問的見識の確かさ、ポリシーや素性を知ってから吟味しましょう。
最低限、カウンセリング時に良心的歯科医か否か確かめるくらいの慎重さが矯正治療前には必要です。

矯正に当たっては歯周病治療を行わないで動的治療をするような矯正の先生は止めた方が良いことは上の様な理由からお解りになるだろうと思います。
また動的期間のケアの方法や矯正医がそれを行うのか?それとも他院へ依頼してくれるのかなど事前に聞いておくことが必要です。これ等のケアが無ければその矯正医は受診すべきレベルにありません。
けしてこの症例のように矯正医に騙されないようにご注意下さい。

矯正前や矯正の動的期間中のクリーニングケアやう蝕治療は当院でもお受けしています。
また成人歯科矯正をお受けになった方は当院で術後の歯周病学的ケアをお受け下さい。
お問い合わせ下さい。










Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。