«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年8月22日

      

 暑い夏は、冷たい飲み物を飲んだり、アイスクリームやかき氷を食べる機会が多いので、他の季節以上に歯の知覚過敏症状が気になります。


かき氷.jpg

従来、よく発症しがちな一般に良く知られる象牙質知覚過敏症ならば、歯に致命的ダメージが及ぶ可能性は極めて低いのですが,過敏症状がいつになく酷く感じる今まで経験した事が無い類のレベルならば皆さんは非常に心配になると思います。

 歯科医の立場では、直ぐに歯科医院でその原因が象牙質知覚過敏症であるか否かを鑑別診断してもらうよう、歯科医院への受診を是非お勧めします。


今年も数名、酷い知覚過敏症の患者さんが初診で来院されました。そういった方々の過半数は、一般的な象牙質知覚過敏症で、少し過敏症状が強く発症しただけのケースに過ぎなかったのですが、2,3例で歯が破折していたことが、解りました。
通常の象牙質知覚過敏症では観られない、歯冠部のエナメル質に破折線がみとめられたので、その破折部から歯がシミていた事が直ぐに解りました。

歯牙破折.jpg

このように、歯が破折したことは肉眼で破折線を確認する事で解ります。このように歯の破折の鑑別診断では破折線の確認が一番重要です。上の画像のように歯冠部エナメル質に細い線状のクラックライン(白矢印部)が確認出来ます。


クラックライン(破折線)は一般に光線や観察する位置や方向により見えたり見えなかったりする性質があるため的確な観察には確かな経験も必要です。画像に写らないケースが多いので、この画像は希な一枚といえます。

エナメル質にクラックラインが確認出来て、その歯が酷くしみる症状がある時には、それをそのまま放置すると破折線が成長してエナメル質の範囲から象牙質に及び、特に歯冠部から歯根部の領域に破折線が成長すると*、歯根破折となり歯は保存不可能になります。

歯の解剖参照のこと


以前にもブログで紹介したように、臨床医が認識できなかった歯の破折で患者さんが困ったケースが幾例もありました.

歯冠部エナメル質に限局している時期に、早急に歯冠補綴(クラウン)を形成し印象して直ぐに装着できれば、歯冠部の破折線の成長を止めることも可能です。

これらを臨床上で成功させるには歯科医師の臨床経験上の適切な判断と患者側の治療根拠への理解と治療の承諾が絶対的条件になります。


最近は歯が破折する患者さんが増えているので,こういった症状は希ではありません.皆さんも他人事と思わないで下さい。
   
◎ 知覚過敏症状が気になる方は、電話予約してご来院下さい。
































Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。