«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年5月14日

  


  ある患者さんが上顎左側.側切歯(2番)部が腫れて痛いとの主訴で来院されました。
下の画像の白矢印の歯が主訴部位です。写真では根尖病巣はそれ程大きく見えてはいませんが,患者の言では以前他院で治療してもらったが、治療完了しないまま放置していたそうです。そして,「細菌が入り込んで腫れたのだと思います」と語っていました。

画像には写っていませんがこの側切歯の舌側には治療で開けた開口部が仮封材で封鎖されていて、その仮封材を除去したところ、前医が根管に調薬するために入れていた変色した綿栓が出てきました。
このように仮封したまま放置して仮封材の隙間から根管内に細菌が入り込み、併せて歯髄の壊死物質が内部にまだ残っていれば根尖外に移出し、それ等が抗原と免疫細胞に認識され根尖病巣を作ります.そして今回のように急発症状で苦労することがあります。

例え,根管充填されていても歯冠部の変色が生じる事もあります。ましてや根管充填されていないままの場合には褐色に歯冠部が変色するケースもよく遭遇します。

根充後の心得01.jpg


この患者さんのパノラマX線画像を観て解ることは、過去に根管充填された歯が幾つも有りますが、大臼歯だけはさすがに補綴しないと噛みずらかったからでしょうか、一応金属冠で補綴されていますが2,3 本の小臼歯では根管充填された歯は、根管充填だけされたまま歯冠補綴されないでいます。これ等各々の咬合面開口部はコンポジットレジンで封鎖しただけの状態です。歯冠補綴を行わないままで放置されていました(*)。

このような状態で放置された時の問題は以下に述べるコロナルリーケージのリンクを参照して下さい。また、もちろん歯冠部が破折することも多いのが常です。

一般に保険治療主体の治療を受けていた患者さんでは根管充填された前歯部〜小臼歯部では開口部を封鎖しただけで放置されていて、治療が完了したと勘違いしている患者さんが多いように思います。

歯冠補綴治療を受けない患者が多いのは、歯科医が正しく治療概念を殆ど説明しない短時間診療体制が多い国内の保険診療主体の呆れた実態が関係するようにも思えます。

歯冠補綴しないで放置することのリスクを歯科医が一言も説明していないのは、金属とセラミックなど審美修復物を噛ませて、破折する状況にあっても黙っている状況と全く同様だと思います。

そして、今回も(根充後の画像にはありませんが)、上顎右側側切歯は根充後に歯冠部補綴の必要性を説明して、このまま放置すれば歯冠部の破折などトラブルが生じやすいので、今回こそ、歯冠補綴治療完了まで必ず通院して欲しいと常識的必要事項を私は全て説明しましたが、その後来院しないまま今回も放置されてしまいました。この方は、こういった注意に対しても全く危険性への想像力が働かないようです。

この方は、根管充填まで至ったのでまだマシです。最近では、歯内療法の根管治療の途中で通院しなくなる理解不能な妙な患者も多いので、そういった患者の理屈が理解できない幼稚な精神性には呆れ果てます。

適切な根管充填後の前歯部の断面図:

適正な支台築造2.jpg

根管に朱色に色づけされた部分が ガッタパーチャと呼ばれる樹脂製の根管充填材です。根管充填材の一部を除去しその印象を採得し、石膏模型を作り技工所でジャストフィットする金属鋳造支台を作製しておきます。出来上がった支台は根管に図のようにセメント合着で装着します。
 *支台には既製コアとレジンを利用し支台築造(支台を作ること)するケースなど材質や方法には幾種類もあります。

このように、根管充填後は、金属などで支台(いわゆる土台)を作製して根管内へ装着して周囲を適切に形成し印象採得して精度の高い歯冠補綴物を装着すれば、この治療は完了します。 


ここで、支台と供に歯冠補綴物が精度良く出来上がっていることが最重要事項です。


このように歯冠補綴物が支台周辺を形成された部分(マージン)と精度良くジャストフィットで装着されている事でいわゆる コロナルリーケージと呼ばれる歯冠補綴物のマージン部に生じる隙間と支台に生じる隙間から根尖方向へ根充材の隙間を介して続く隙小空間の通路が出来ないで済みます。コロナルリーケージがあれば、この通路を通り口腔内細菌が根尖へ移動して根尖病巣の再発が生じます。


このようにステップワイズに割愛しないで治療が行われて再発リスクが低い安全な治療が完了します。 

歯内療法を始めた場合には、ここまで一連の適切な治療を行って歯内療法に派生する治療は完了します。


これは通常我々が歯科常識として患者さんには説明することです。最後は歯冠部を補綴することは、特に我々がお話するまでもない患者さんにとっても常識のはずです。

この患者さんのように、歯冠補綴治療が必要である事を、全く初めて聞いたようなふりをして来院しなくなること自体が全く恥ずかしく大人とは言えないダメ社会人を露呈しています。常識人なら極めて恥じるべき子供じみた態度です。

例えば、会社で多くのクライアントや同僚と会話をする責任有る社会人なら大切な治療のはずです。前歯1本も立派な大の大人が最後まで治療を完了出来ないで それを放棄するのは、  全く大人として恥ずかしい..... 


この患者さんのように、歯内療法の治療を完了出来ないで平気で放置するような人間は、大人としての常識が無い子供じみた人間です(大人の幼稚化)。今回の治療でも側切歯という他人からみても最も目立つ前歯部の治療さえまともに出来ない訳です。このように子供じみた常識が欠落した大人が日本社会に増殖していて私は大変に不安になります。

この方のように、治療途中で転院して来る方の殆どが、よほどの理由が無い場合以外は、当院でも同じく治療途中で通院しなくなる事が通常です。

このような方は、コンプライアンスが無い人間として我々もそれ相応の扱いで対応する他有りませんが、予約キャンセルして来院しないような社会人は、歯科保健はもとより常識が欠落している人間故に、我々には何もこういった方へは出来ることがありません。 


このような社会人とも思えない方々が患者に最近増えてきたことは、官僚や政治家など公人が平気でワイセツ事件等トラブルを起こす異様な国内環境を反映しているようにも思います。





当オフィスから一言:


 このブログ記事のように、治療概念を皆さんが適切に理解出来よう巷の歯科医院での不充分な説明を補完しています。

   当オフィスにご来院頂いた皆様には、上に描いた様な非常識で社会人として恥ずかしい認識の誤った姿勢を採らないで、治療の重要性を理解して治療完了して頂けるように厳に御願い申し上げます。


























Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。