«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月14日


今朝のモーニングショーで誤嚥性肺炎の危険性が特集されました。


最近は週刊誌(週刊新潮↓)等でやっと誤嚥性肺炎の脅威を特集され始めるようになりました。

週刊新潮.png週刊新潮の最新号

最近では有名人の訃報にも直接の死因として"誤嚥性肺炎"を挙げる例まであります。
既に歯科界ではこの20年ほど一大トピックでした。
誤嚥性肺炎とは肺炎の中でも口腔内細菌などが食道ではなく肺に入り込んで炎症が起きる肺炎のことです。
特に高齢者では肺に繋がる気管と食道の切り替えスイッチがよく働かなくなるために、口腔内の食物残渣と供に口腔細菌が肺に入り込んで誤嚥性肺炎が生じ易くなります。

解剖図.jpg

今朝のモーニングショ-ではその概略を解り易く解説していましたが、気管と食道のいわゆるスイッチの老化を防止する訓練のようなモノまで披露されていましたが、まずは歯科領域では口腔内の清掃を徹底する事が大切です

入院していない方でも就寝前にはブラッシングしてから就寝しないと寝ている間に気管から肺へ口腔細菌が入り込む可能性があり危険です。⇒寝る前に歯磨きが◎




○高齢者の口腔ケアを助けてあげて下さい:


特に、高齢者が入院されたり、病気で自宅療養で寝ている方には、口腔清掃の徹底をはかるように私は患者さんには指導しています。
しかし、療養中の高齢の患者さんは可能な限り出来れば口腔清掃を行って頂く事です。
また,患者さんご本人が口腔清掃が困難な際にはご家族がブラッシングなどケアの手伝いをしてあげるように御願いします

但し、ご家族が他人の口腔内を清掃するのは難しいと思いますので、ソニケアのような効率的な電動歯ブラシを使って下さい。また、ブラシ部分を交換すれば他の方へも利用出来ますから、手が不自由な患者さんや認知症の方々を多数介護する介護施設や病院でもソニケア本体が1つあれば歯ブラシ部(患者別に所有させる)を交換することで多くの患者さんへ利用出来ます。ソニケア.jpg必ずケアの手助けやチェックを毎日してあげて下さい。これは臨床家の私からの忠告です

○特に口腔内にインプラントがある患者さんは要注意:

また、高齢者でインプラントが埋入されている患者さんの場合には、口腔ケア不足で入院中インプラント周囲炎を生じるリスクが高いことを知って配慮して下さい。特に介護する方々は積極的にインプラント周囲と口腔内全体を綺麗な状態を保てるようにケアしてあげて下さい。


実態では、このようなパラメディカルの職員や家族が患者に対してプラークコントロールする事は未だ日本では希なことです。

関係者には患者さんの口腔衛生管理の重要性に関して覚醒していただきたいと思います。

インプラントは手が利かなくなった時や認知症の時には口腔ケアができないことで人工歯根自体が周囲炎でダメになる可能性がある事実を知って、高齢者の方やご家族は、もしケア出来る自信がなければ、インプラントの治療を止めて従来型の義歯による治療を選択することも考慮すべきでしょう。関高齢化社会になった現在では、むしろ義歯の選択で安心した老後を送る選択ももっとあってもよいだろうと考えています

今の日本ではインプラント治療の可否に関する考慮を歯科医師側から語る事が無いことが私は誠に情けなく思っています.







































Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。