«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯周病治療で糖尿病コントロールも改善されます | メイン | 高齢化社会でサホライドの再評価:クラシックな薬にもメリットあり »

2018年11月19日


  


最近は、一日中スマートホンを身に付けて使用している方が若者だけで無く老若男女に広く拡がりつつあります。

そのような現状で既にスマホを観ると姿勢が悪くなることでスマホ近視スマホ腰痛が起きる健康被害が有名になってきています。

このようにかなりスマホ使用に派生する健康被害が増えているように私は思っています。


○スマホ口臭:


スマホの使用が原因になる口臭は俗に「スマホ口臭」と呼ばれています。
問題は使用時の姿勢です。スマートフォン使用時の下向きの姿勢で唾液腺が圧迫されて唾液腺から唾液が分泌されにくくなります。

唾液には食べ物を飲み込み易くしたり、口の中の粘膜や舌の汚れを落とす作用がありますが、唾液の環流が不足すると口の中を清潔に保つことができずに口の中で細菌が活発になり一種のガスを発して臭いが発生します。

■夢中になりすぎると...唾液の分泌は自律神経で抑制されます。

一方、リラックス状態で副交感神経が優位になると分泌が盛んになります。

ところがスマホに熱中すると興奮状態で働く交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑えられます。

また、スマホに夢中になると、口呼吸になりがちです。特に冬では口の中が乾き乾燥した状態で更に唾液の流れが減って細菌の増殖を助長させて口臭が発生しやすくなります。

このように 間接的影響でスマートホン使用で口臭が出やすくなるものと理解出来ます。


スマホ口臭 というのは俗称ですが、実際に上のようなメカニズムで生じる症状ですからウソではありません。何故起きるのか知ってスマホの利用方法や時間を考えて正しく健康を害さないように利用して欲しいと我々臨床家は考えています。
















Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。