«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 平易な表現にすれば解り易いのか?:歯科疾患や歯科知識 | メイン | 体調が悪いのは気候のせいかもしれません:歯のトラブルと気象病 »

2018年10月 2日

  

  最近、ネットの情報化社会の中で、耳にする情報が飽和状態になり、また上部だけの知識が我々の頭中に充満し始めています。そうすると情報の真意や詳細を知らないで知ったような気になることが多くなり始めているように思います。

 すると、誤って認識したことで物事を勝手に判断し易くなります。

この頃、誤った歯科知識や治療法を誤認識して来院される患者さんが増えたことも社会的には理解出来る現象のようにも思います。歯科臨床では例えば以下のような考え(1〜3)を持つ患者さんがいます。

○この頃遭遇した患者さんの例:


1. 歯は形成しない方が良いから削らないで治療すべきだ⇒削らない治療法がよい。

2. 歯髄は抜かない方が良い(抜髄はダメ)⇒感染歯質の上から薬を詰めて抜髄しないで済むような治療法が良い。

3. 歯を虫歯が原因で1本失ったけど前後の歯を形成しない(し直さない)で済みインプラントを            欠損部に1本埋入すれば他の歯はそのまま保存出来るので一番良い方法だ。

・・・上の考え方の各々に対する私の解説・・・・


1. 先日のブログ記事のように何故かこの頃患者さんに多い治療出来ないケースの代表例です。

いったい患者さんはどのような処置と勘違いしてるのか?よく解らない例でもあります。

先日のブログ記事の通りです。
全く歯を形成しないでう蝕治療は出来ません。

2. 私は、天然の歯に備わっている最も生物学的に勝れた歯髄は、可及的に保存すべきだと信じて疑いません。
    これはもちろん、私のように歯科保存学(歯周病学)を大学院で学んだ者には世界共通認識です。

よって、私は歯髄保存を完璧に成し得るように不良なう蝕の充填治療を適正なカタチで治療し直しています。

ミニマルインターベンションも歯髄を保存するために可及的に不必要な侵襲を歯髄へ与えないよう配慮する歯科保存学のスタンダードな治療概念です。


しかし、昨今臨床で問題が生じたケースによく遭遇するドックベストセメントや3MiXを感染歯質の上から帖薬してバイ菌を殺して歯髄を保存するといった薬剤の効果を過剰に評価して行われる治療法の乱用には、私は極めて以前から批判的です。

今年前半だけでも、これ等の薬剤を利用して歯髄炎を起こし来院された患者さんが何名もいたことが、その誤りを如実に現しています。

これは、歯科医師の勉強不足で患者に迷惑を掛けている典型例と言えます。


 3. このブログ記事のように小臼歯に審美性を重視してメタルが見えないように埋入し上部構造を審美性最重視で工夫したインプラントは、基本的に充分な清掃性を考慮していない治療だと思います。


しかも定期検査が全く行われていないという恐ろしい歯科治療でした。天然歯での歯肉溝に相当する見かけ上のインプラント周囲のポケット状のエリアでの細菌叢はどうなるのか? たぶんこのケースでは、メインテナンスしなければインプラント周囲炎が進行するでしょう。

私の見解では、こういったインプラントの予後は不良だと思います。 欠損部の前後の歯を形成しないで(治療し直さないで)済むといっても、リスクが大きいインプラント治療を意図して行ったと言っても過言ではありません。患者さんは歯科知識が無いのでこの事実を理解出来ていなかったようですが、担当医の歯科医院へ今すぐに検査に行くように勧めました。

*もしこのような審美性重視のインプラント治療をするなら、少なくともメンテナンスは適切に行うことが絶対的条件です!

このように、メンテナンスもしない誤った審美性重視のインプラント治療を歯科医師がやりたがり、患者サイドもそういった方法を支持することも最近特によく見かけます。

言い換えると、学問的な良否は別にしても患者の意向に合わせた治療をする先生が多いことに驚きます。  ⇒   患者に迎合的になれば儲かるからでしょう

歯科医師なら、患者の誤りを正すくらいの正しく啓蒙する意志がない同業者には呆れますが,
患者が認識不足の意向に安易に沿って誤ったカタチで治療してしまう先生方が、もしいれば本当に困りものです。

私的には正しい歯科治療をする目的を見失ってはいけないと考えて臨床を行っています.⇒正しい歯科医療の道を歯科医師が逸脱する事が無いようにすべきと考えます。

 ○歯科治療や歯科医師を全て懐疑的に観る患者:


この頃,患者さんは歯科医師を余り信用していないようです。

 例えば、我々が歯科界の学問的常識をどれだけ説明しても最初から懐疑的でいい加減に聞いている患者さんもいます。彼等は先入観が強すぎて先生の説明に聞く耳さえ持たないのでしょう。

先日、う窩に軟化象牙質が沢山存在するので長い時間を掛けて手用エキスカベーターで丁寧に除去していたら、歯科用タービンを使用しないのは不良治療で、時間が掛かり過だと文句を言った患者さんがいました。

これは世界標準の教科書レベルの手技でエキスカベート(感染歯質の除去)という歯科治療の方法ですが、患者さん自身が歯科治療の認識不足で理解出来ないで、誤った認識のまま文句を言い張っている例です。

このケースでは、こちらがいくら正しく説明しても理解出来なかったようで困りました。たぶん、巷の歯科医院では効率的にタービンで短時間に除去する事のみでう蝕治療を終える先生が多いから、むしろ巷の不充分な治療を正しい治療だと勝手に思い込んでいたのでしょう。


むしろ、そういった方法では歯髄間際まで感染歯質を完全に除去できないで、細菌が潜んだ歯質を残したままインレーを装着して不良なう蝕治療になることを説明しましたが、20分程の説明では認識を変えられるわけではなく、理解出来なかったようです。

 ・・・・・・ヒトの認知科学と脳科学・・・・・・・


我々人間の物事に関する認識は脳科学的には最初に認識してしまった事を頭から捨てきれないという知識のアップデートが出来ない弱点があるようです。

よって、我々は最初に植え付けられた情報や知識がもしも誤っていても、それを訂正できないという思考回路の悪いクセがあると言い換えられます。

ですから我々臨床医が、いくら学問的なコンセンサスを説明しても患者さんは自身の誤った認識を訂正出来ないようです。先ほどの患者さんのようにう蝕治療はエアタービンで切削を行うもので、手用エキスカベーターで感染歯質を除去するのは不良な治療だと思い込んで認識を改められないのです。


世の中に流布している科学的常識らしきものは、一度頭の中で認識として出来上がったら、訂正し難いことを臨床家も是非承知しておくべきでしょう。

それから、初診の患者さんで最初から懐疑的な目で歯科医師を観て、我々の話を一切聞かない方も多くいて、我々が適切な治療を行おうとしても拒否します。  たぶん一生歯科治療がまともに受けられない方と言えます。

こういった方には、無理に治療を行えないので、結局治療しないでお帰り頂くことになります。
このように治療出来ないでお帰り頂いた方には、例えばパノラマレントゲン撮影前に歯列を見せて頂こうとてミラーで口腔内を確認したときに、治療開始前なので手術用のグローブを装着していなかったことで、手袋をしないで触れた云々などと騒いだ患者さんは、受診態度が極端すぎて手に負えなかった故に、治療する前にお帰り頂きました。また、歯科用ミラーなど診査用の器具5点セットを滅菌パックから出して器具用トレーに並べて患者さんの前に置いたら、「この器具が消毒されたか否かが解らない」と文句を言った方には、「オートクレーブ滅菌済みで滅菌パックから出した直後に持ってきた」と説明しましたが、信用してくれないので、この方も直ぐにお帰り頂きました。

この2,3年で患者さんの勘違いから、治療が出来ない例が数例ありましたが、

そういった方でも肉眼で数本のう蝕ががある事が解っていた例もあり、我々の説明通り治療を受け入れれば巷で受ける以上の良い歯科治療を受けられたはずですから、せっかくの受診機会を無駄にしたに過ぎません。このように診療機会を自ら無駄にするヒトもいて本当に残念でなりません。


患者サイドには、先生の話をよく聞き受け入れる素直さが必要です。


また、ワガママで見当違いの文句を延々と言い張る患者さんにも時々遭遇します。
そして 先生に見当違いの罵声を浴びせて文句を言った挙げ句に、先生は診療意志を全く喪失してしまうようなこともあり得ます。歯科医師も人間ですから、見当違いの文句や失礼な中傷を面と向かって言いわれ続ければ、治療したくない気持ちになり、"患者の妨害で治療不可"といった状況に陥る事もあるようです。

大学歯科病院などでは患者が執拗にクレームしている場面は時々見かける異様な光景です。

患者サイドにも、一般的に良い受診姿勢や良い態度がある事は、大人なら常識的に心得ておくべきです。

すなわち、良い診療の第一歩は歯科医師と患者さんの間に心の通った信頼関係を築く事です。

歯科教育ではこういった患者と先生の信頼感ある関係性はラポールの確立と呼んでいます。

まず患者さんと先生が信頼関係を確立してから、具体的な治療行為に進む事が医学教育でも最も基本的な心得です。


ですから、診療に際しては患者さんとの信頼関係が出来ていない状態では侵襲のある治療など出来ません。もちろん、信頼されていない状態では歯科医は患者さんに治療出来る状態とは言えません。

逆に、患者側は先生の話をキッチリ聞いて納得ゆくカタチで治療を受けられるように努力することは言うまでもありません。

治療は医院へ行くだけで可能になるわけではありません。皆に努力が必要です

治療はお互いに信頼できる関係性が確立出来るように良心的配慮で互いに参加する必要があります。


皆さんも、先生の話はよく聞いて、担当医と良いコミュニケーションをとって、良い診療を受けましょう。 診療は患者さんは拒否し続けたら成り立ちません。良い受診姿勢を考えてみましょう!

治療に関する説明相談は当オフィスではカウンセリングで承っています。

皆さんも、歯科医院への受診態度や心得を今一度省て下さい!



 

 


 

 


 


 


 

 


 


 

 

 


 

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。