«  2018年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月30日

  


  最近益々、歯科界が酷い状況になってきました。そのような中、
先週末に1人の患者さんが来院されました。佐藤誠さん(仮名)は、A歯科(仮名称)で左上第二大臼歯にう蝕治療を受けています。

A歯科は、当オフィスにカウンセリングに来院される歯にトラブルを抱えた患者さんからよく聞く歯科医院名です。佐藤さんはA歯科の分院の方に通っていたようです。幾名も若い先生やスタッフを抱える大きな歯科医院のようです。

ドックベストセメントを使ったようです(近心の白色部)。どういう意図か不明ですが、更にそこにレーザー照射までされて直ぐに同部位へインレー窩洞を形成・印象し数日後にはインレーが装着されています。

インレー装着直後から歯痛と違和感が出て、続いて排膿し始めたそうです。すなわち、同部位は失活(歯髄神経が死んだ)していました(レントゲン画像参照)。

KM.jpg
問題の歯は 左側上顎第二大臼歯です。
補足ですが:上顎側切歯も根管充填されたまま歯冠部補綴もされていません(破折リスクがあります).    下顎は両側智歯が水平埋伏し前方の歯を押して前歯の叢生が出始めています。

masato 3.jpg
左側上顎第二大臼歯を中心にして拡大した画像です。根尖病巣が出来ています。

髄角(歯髄の角)がう蝕病巣に近接していたり、一部分で露髄していたかも知れません。
誰がやっても、もしそうであれば歯髄炎を回避するのがやや難しかったかも知れませんが、とにかく歯科医が術後の結果を知って、臨床を省みる事が何よりも必要です。
  


佐藤さんは、時系列的な歯の変化や処置内容を列記したメモを見せてくれました。ここでは詳細は割愛しますが、こういった症状を佐藤さんがA歯科の担当医には伝えていない点が不思議です。

是非とも担当医に治療で起きた(歯髄炎,排膿)症状を訴えて欲しいと思います。そうでなければ,担当医が治療の誤りを気づく機会を逸してしまいますし、佐藤さんの症状も治りません。

私自身も、上手くいかなかった治療は過去幾つも起きています。都内に開業する前の千葉県時代には患者さんが再来院してくれるので、自分の行った治療の予後を反省する機会が多く勉強になりました。今の臨床が充実したのは多くの患者さんにより過去20年以上に培われたモノと換言できます。

このケースに限っては私はこの佐藤さんの歯に一切、手を付けるつもりはありません(例外的な意図)。
むしろ、担当医が治療が失敗した事実を知り、臨床上の反省をする事こそ大切だと考えます。佐藤さんが担当医の下で治療継続する意向があるようなので、暗に佐藤さんにはA歯科への再通院を考える余地を与えたというのが、治療を敢えて当院で行わなかった私の真意です。


もちろん、このケースは例外的で通常はドックベストセメントで問題がある場所を当オフィスで治療致します。 お間違えのないしょうに御願い致します。


A歯科の担当医が治療を失敗した歯の根管治療をするのが、真っ当な歯科界の筋です。どうか、担当医に自身の歯科臨床の誤りを気づいてもらいたいと切に願います。

  担当医の治療の善し悪しを問題にしているのでは全くなく、担当医に治療結果を知ってもらう事をこの記事を含めてここでは目的にしています。

偉そうに言えば、臨床家としての一種の教育的指導です。


○歯科医師は概して自分の行った治療の予後を知らない:

  以前も何回かブログにも書いたように特に都内には歯科医院が過剰化している状況で、患者もかかりつけ歯科医を持たないで歯の調子が不良な時に、その都度,異なった歯科医院へ通院する傾向が強くなっています。
すなわち、都内歯科医院では歯科治療の再発など重要な治療の予後を反省する機会がない歯科医師が増えています。


自分が臨床上失敗した臨床例を分析・評価することもない状況が常態化しています。
こうなると、延々と誤った歯科治療を先生方は続ける状況になります。今の歯科界がそういった状態だと多くの患者さんにも認識して頂き、安易に怪しい歯科治療に騙されないで頂きたいと思います。

この佐藤さんの担当医の例のように、ドックベストセメントを使えば、感染歯質が沢山窩底部に残っていてもう蝕が治癒すると思い込んでいる無知で安易な先生が本当に歯科界には増えています。

  以前もブログ記事に書いたように、このセメントや薬事法に觝触することが懸念される自家製剤の3MiXを魔法の薬のように思い込んで臨床で使う無知な臨床家が多いのには私自身、本当に驚いています。

歯科医師が正しい歯科治療の見識を欠いている(勉強をしていない)とこのような勘違いをしてしまいます。

ですから歯科医が無知だということが1番罪深いことです。見識ある良い歯科医を皆さんは探して下さい。


認識を誤る先生は概して、教科書に書かれている常識的な治療を日常的に行っていない先生だというのが特徴です。もちろん、今回のようにう蝕を再発させ、歯髄炎を起こし歯を失活させてしまいます。症例の状態に合わせた対応が出来ない短時間診療に合うような安易な治療を延々とし続ける先生方がこういったダメ先生になりやすいと思います。


元々、歯髄を保存する意図で担当医がこういった薬剤を使用しているのにその結果、自費治療費まで払って歯をダメにして酷く嫌な経験をされる患者さんが後を絶ちません。

このようにA歯科ではドックベストセメントの使用の他に、意図が不明なレーザー照射まで行っています。

 う蝕治療は病巣局所から感染を取り除く事が治療の核心です。それが出来なければ、レーザーなど何も意味がありません。ダメ元で使用したのかも知れませんが、たぶん意味がないでしょう。

私には、その担当医がどういった意図でレーザーを使用したのか全く解りませんが、とにかくドックベストセメントの下には感染歯質が残っていて、セメントの薬理効果が無く細菌が歯髄近傍の象牙質(感染歯質)から歯髄に移行して歯髄炎を起こしたことは疑いの余地がありません。

DgvmfpbV4AEKWgt.jpg

患者の佐藤さんへは私がう蝕治療の基礎的概念を充分に説明したにもかかわらず未だにう蝕治療にはレーザー照射が必須だと思い込んでいます。
そもそも担当医がレーザー治療を過信しているのだから、それに洗脳された患者が勘違いしても全く仕方がありません。

担当医が、自分の臨床を反省してもらわないと、こういったレーザー照射器などの飛び道具や魔法の薬としてドックベストセメント等を誤ったカタチで使う歯科医師が歯科界をダメにしてしまうでしょう。

たぶんA歯科の医院webには、"レーザー治療"や"ドックベストセメントで痛くない治療"や"歯を削らない治療"といった文字が載っているのでしょう。そういって宣伝され、何も知らない素人は良い治療だと勘違いしてしまいます。


○ドックベストセメントを日本の歯科界で売る業者の商売根性が仇に:

  日本の歯科界は、学問を熟知し、日常臨床で正しい治療を励行する臨床家が少ないので、安易なキャッチフレーズや無知な心理に漬け込んだ歯科関連の講習会や薬剤等が反響を呼んで売れます。

注. ドックベストセメント自体は適応症と正しい使用方法を守れば、欧米で公的に認可された薬剤故に効果がある薬剤のはずです。ただ、使用する末端の歯科医師が正しい使用法と適応症を守らないで臨床の基本を無視するので効果も無く、医原性疾患を起こしてしまいます。

ドックベストセメントの効果自体は科学的根拠が証明された確かなモノなので、私はこの薬剤の効果を全く否定していません。間違いの無いようにお断りしておきます。


健康保険の短時間診療中心の日本の歯科臨床では、う蝕治療を知らない先生が大半なので、細菌が入り込んでいる感染歯質をう蝕病巣から完全に取り去ることが時間が掛かって厄介だと思い込んでいるダメな歯科医師が多いのが実情です。

そういった先生達には、例えば、感染歯質がう窩に取り残されていても、薬理効果で細菌は死滅するので、露髄する間際まで感染歯質を除去しなくても、その薬を上から貼薬すれば大丈夫だという安易な説明を業者がすれば,そんな薬剤が飛ぶように売れて儲かります。 

このように業者が儲かることと反比例して、日本の歯科臨床が非常に荒れてしまいます。 患者が医原性疾患で迷惑を被るのは当然です。

私のオフィスでは、こういった巷の傾向とは違い、安易に長期の臨床的評価が得られていない似非治療法や適応範囲が限られる高価な治療機器を安易に使用しないで科学的根拠に基づくコンセンサスが得られている歯科治療を丁寧に行うことを信条としています。

従来法では解決できない際には、時には信頼に足る最新の方法論を適応することも有ると思いますが、一貫して科学的根拠に基づく歯科臨床を励行しています。

最近は、患者さんの免疫力低下が懸念される中で些細なう蝕病巣でも再発し易い傾向がやや顕著になり始めています。より真面目に丁寧なう蝕病巣からの感染歯質除去をするよう我がオフィスでは再度徹底しています。どうか、安心して受診して下さい。


う蝕治療や治療し直しは、当オフィスへおいで下さい。

 

 


 


 


 


 


 


 

 

 

 


 


 


 


 

 

 

 


 


2018年6月20日

  

前回のブログ記事には「気象病」を書きましたが、気圧が低い時には数々の痛み症状が出ることがあります。

例えば,気圧が低い航空機に乗務するパイロットの場合は、飛行機の操縦中に虫歯が痛むことがあります。

詰め物がある歯や虫歯は気圧が低くても高くても気圧変化で痛む特性があります。
歯の痛みは管状の穴(象牙細管)が空いた象牙質の歯髄側に象牙質の象牙細管によって伝えられる刺激を感じる細胞が存在します。象牙細管には組織液が存在するため、その組織液は気圧が替わることで細管内を毛細管現象で動いて痛みを感知する細胞へ伝えます。

こういった象牙細管による痛みの伝達機構をハイドロダイナミック理論と呼んでいます。

このように気圧変化や虫歯の実質欠損により歯痛を感じるようなシステムが人間の歯には備わっているので飛行機で気圧が低くなった際や、ダイビングで水圧が掛かる環境に潜った際には虫歯や詰め物のある歯、特に詰め物と歯の間に隙間があるような不良なインレーなどの場合には、著しく歯痛を感じます。

もちろん、ジェット機に乗り海外旅行へ出かける方も保険の金属インレーなどは直ぐに除去して隙間がない詰め物(コンポジットレジンや精度が良いセラミック系インレー)に交換し治療し直すべきです。
心配のない状態で海外旅行やレジャーをお楽しみ下さい。


/////////////  保険の金属インレーの治療し直し ////////////////////


依然、患者さんのニーズが多い治療のし直しは、過去に治療された保険の金属インレーの治療し直しです。 

昨日も2本除去してコンポジットレジンで充填し直し隙間が出来ない綺麗な充填に交換しました。
上記の様な気圧に起因する歯痛などの他に金属自体へのアレルギー反応にも注意が必要です。著しいアレルギー反応が出ないまでも、既に口腔内に金属インレーが装着されている患者さんでも、身体に好ましくない反応を生じていることがあります(無自覚の場合もあります)。

○保険の金属インレーは隙間が出来るだけでなく金属アレルギーでも心配:


  昨日の患者さんは10本程度の治療し直しを予定していますが、そもそも,アレルギー性の疾患があるために保険の金属インレーが金属アレルギーになる可能性を感じて、12%金銀パラジウム合金は、アレルギーの遠因になることを心配されて治療し直しを希望して来院されました。


以前にも、10本以上の保険の金属インレーを口腔内から除去して、アトピー性皮膚炎が緩解した患者さんがいました。

私も過去25年ほどの経験から、歯内療法の治療や金属インレーの交換によりアトピー性皮膚炎などアレルギー症状が治った患者さんに幾人も遭遇しています。

アレルギー疾患と金属充填物や歯周病や歯内療法学的疾患にはある種の因果関係があることは知られています。

アトピー性皮膚炎やアレルギー反応がある方は、歯科疾患をキッチリと適切な方法で治すことは特に重要だろうと思います。


保険の金属インレーなど既存の口腔内治療を気になる方は、電話予約して下さい。


























  


   入梅で、患者さんも体調が悪い方が増えてきました。
従来から、雨が降ると神経痛の痛みを感じたり昔負ったケガの箇所がうずくといった症状を感じる方は多いだろうと思います。
このように、気象や天気が変化すると発症したり,症状が悪化したりする病気は「気象病」と呼ばれています。

そして一部には,歯に違和感やうずきを感じる方も来院します(詳しくは、次回,別記事で書きます)。

○気象病とは:

気象病には、痛み、めまい、胸に感じる狭心症、喘息様の症状など色々あるようです。さまざまなものが含まれます。特に痛みは関連性が強いらしく多くの痛み症状が言及され続けています。
ただ、現代医学をしてもその医学的メカニズムは充分に解明さているとはいえません。

天気と痛みには本当に関係があるかというと、その仕組みが不明だった故に本人は痛みを感じていても周囲から「気のせいだ」、「神経質すぎるなどと言われ、揶揄されることも多いのも事実です。


いわゆるこういった「天気痛」に苦しんでいる人たちは他人から理解してもらえず、職場や学校などで周囲から理解が得られず、休職や退学になったり気の毒な境遇の方も一部にいるそうです。

ここでは「天気痛」と仮に名付けますが、そのメカニズムを明らかにするための研究も今では行われ始めています
。「気象病」のなかでも,この「天気痛」に焦点をあて、そのメカニズムと対応策を少し記します。

天気の影響を受ける痛みとはどういうものなのか説明します。

天気痛として知られているのは頭痛、肩こり、膝の痛み、リウマチの痛み、ケガのあとの痛み、線維筋痛症の痛み、虫歯の痛みなどがありますが、実はどのような痛みでも一様に天気の影響を受ける可能性があるようです。


ここで、愛知県のある都市に住む20歳以上の住民6,000人を対象に行ったある大規模アンケート調査の結果をここに示します。

身体のどこかに3か月以上続く慢性の痛みがある人は全体の39パーセント程度ですが、その人たちの約25パーセントの人が「天気が悪いと時や天気が崩れる時に痛みが悪化する」と答えています。

つまり、天気痛がある人は全体の約10パーセントにあたります。これを仮に20歳以上の人口約1億500万人に当てはめて計算すると、その数はなんと1000万人以上となります。
この数字から、天気痛は珍しいものではなく一般的なものと言えます。

天気痛は、気圧、温度、湿度などの気象要素が変化することで発症するのですが、そのなかでも特に、気圧が重要だとわかってきました。

主に不調を訴えるのは気圧が低下する時ですが、なかには気圧が上昇する時に不調を訴える人もいるようです。
また、症状が出やすい季節としては、低気圧が定期的に通過する春や秋、梅雨時、そして台風が日本付近に接近する晩夏から秋にかけてです。一方、比較的気圧が安定している冬は体調が良い日が多いことも特徴といえます。


このように、痛みが天気の影響を受ける人は多いのですが、天気痛の人は「なぜ具合が悪いのか」「どれほど痛いのか」を周囲に理解してもらうのは、とても難しいと感じています。
そもそも痛みは他人には分かりにくい上に、天気という、曖昧なものに左右されるからです。


慢性痛の人が、痛みを繰り返し感じると脳に強いストレスがかかり、扁桃体と呼ばれるところが過敏になったり、前頭前野や海馬が萎縮するなど脳が変化して、 不安やうつなどの精神症状が現れて、痛みがさらに強くなってしまいます。そうすると、痛みだけでなく気分が落ち込んだり、体全体が痛くなってしまう事もあります。こうして他人には「大げさ」に見えてしまい、ますます多様な症状を訴えればますます理解されにくくなる事も多いようです。


このような状態に陥ってしまった負の連鎖から抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか?まずは、天気痛のメカニズムを正しく知ること。そして、自分の症状を客観的に把握し、適切な対処法を知ること。怖がることなく、前向きに治療に取り組むことが大事です。
それでは、治療の決め手となる、天気痛のメカニズムはどういうものなのでしょうか?


○天気痛のメカニズムは:


天気痛は「耳が敏感な人がなりやすいのではないか」と考えられるに至りました。

内耳(鼓膜の奥にある器官)が大きな関係があるようです。
研究者は内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかと考えているようです。
そして、内耳で気圧の変化を感じると、センサーでキャッチした気圧の変化の情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。自律神経系には、交感神経と副交感神経がありますが、天気痛を持つ人は、何らかの原因で、内耳が気圧の変化に敏感なため、少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。交感神経が活発になれば痛みを感じますし、副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりするのです。
天気痛で痛みがひどくなるのは、交感神経が活発になりすぎて痛みの神経を直接刺激したり、血管が過剰に収縮してけいれんし、血管の周囲の神経を興奮させるからだと考えられます。

 ○天気痛の予防法は?:


まずは、自律神経系のバランスを整える生活を心がけることが大切です。
適度に体を動かし、起床時刻はなるべく毎日同じにして、朝食はしっかり食べることなど、規則正しい生活リズムを保つことが重要になります。

最近ではエアコンで夏は涼しく、冬でも温かく過ごすことができます。こういう体にとってやさしい環境は自律神経系の働きを弱めることにつながります。
気象の変化で自律神経のバランスが崩れやすくなって、本来ヒトが備えているホメオスターシス(身体の恒常性)の働きを弱めてしまって天気痛に悩む人が増えている原因のひとつになっていると考えられます。


本来のからだが備える働きを取り戻せるように、軽く汗をかくぐらいの運動を続けたり、湯船にゆっくり入ったりしたり、意識して汗をかくほうがよいでしょう。

また、天気痛の人は内耳の血流が悪い傾向があることが分かってきました。ですから、血流を改善する効果のある「めまい薬」は天気痛の予防に役立ちます。

また、内耳のリンパ液の流れをよくするような漢方薬と組み合わせるのも効果が期待で着るそうです。かかりつけの医師や薬剤師と相談してみるにもよいかもしれません。
これらを日常的に行ってゆけば、天気痛の予防にも役立つかもしれません。

天気や気圧の変化を見ながら、自分の症状がいつ出たのかを記録する簡単な自己分析も重要です。

自分の体調がどのような天気や気圧変化があるときに悪化するのかを把握しておけば、
過剰に不安な気持ちにならず、体調の変化に対する心構えや薬を飲むタイミングも解るはずです。

気象庁のホームページには気圧の変化を閲覧できるページもあります。天気や気圧の変化を予報するアプリもありますので、体調管理にこういった情報やデータを積極的に活用してみましょう。

きょうのこの記事では、最近注目されている「天気痛」のメカニズムと対処法について少し調べて述べました。
気象病も天気痛のメカニズムと共通する部分が多いと考えられるので、ここでお示しした対処法は、痛み以外の病気についても応用できるそうです。
近年は台風、ゲリラ豪雨、猛暑など気象全般の以上傾向が激しくなってきています。
気象が私たちの健康に及ぼす影響に対し、社会全体で適切に対応出来るような環境作りが今後必要だと考えています。





















2018年6月 7日

  

  今朝のTV朝日のモーニングショーは、細菌フローラとロイテリ菌の話でした。

我々の体内や体表には。数百種類の細菌が存在して、細菌叢(細菌フローラ)を構成しています。
そして、乳幼児から出来はじめたフローラは、個々人で、全く異なる固有のフローラを構成しています。人間の細菌叢は人間の数だけ存在して全く異なります。


tamakawa.jpeg

京大農学部出身の 玉川徹氏が黙っていませんでした。彼は健康オタクで意外に風邪や病気に弱い。だから腸内フローラには興味津々だったようです。

○ロイテリ菌とプロバイオティクス:

20 世紀のはじめMetchnikoff は、ヨーグルトを摂取すると、腸内にLactobacillus 菌叢ができ、腐敗菌の増殖を抑え自家中毒を防ぐことができると主張した。これは、「プロバイオティクス」の概念の誕生とみることができる
プロバイオティクス (probiotics; PB) という言葉は, antibiotics に対比される言葉で, probiosis (共生) に語源を有する. 最初に PB という言葉が使われたのは 1965 年と言われているそうです。

細菌を体内に加えて、細菌叢のバランスや、ある種類の細菌の死滅、もしくはある種の細菌の増殖や活性化が起きるなど様々な変化が起きることが有り得る。それ等にに派生して疾患の治癒や予防に何らかの貢献が出来るように細菌叢への生菌、もしくは死菌の添加で、保健活動への応用も可能と思われる。そういった細菌の合理的な利用を目的とする方法論と言えます。

img_reuteri_large.png

○バクテリアセラピーの世界:


○ロイテリ菌の効果:


ロイテリ菌は一種の乳酸菌です。細菌叢内に存在する細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在しています。ロイテリ菌には悪玉菌を減らし、善玉菌と日和見菌をバランスよく増やすような働きがある事が解りました。  そうして、細菌叢を安定させることがロイテリ菌の働きには有る事が解っています。


もともと、ヒトの体に存在する菌なので、ヒトの体に住み着きやすいのが特徴です。また、胃酸や胆汁に強く、他の菌よりもヒトの体で生きる力がとても強いといえます。

ロイテリ菌は、ロイテリン(3-hydroxy-propionaidehyde)という抗菌物質を作り、病原菌に対する拮抗作用があります。この機能がピロリ菌を抑制したり、悪玉菌を抑制することで動脈硬化を軽減するといわれています。

免疫システムをコントロールし、アレルギーやアトピーを改善に導きます。スウェーデンの医科大学病院などでは入院患者の免疫向上のためにこのロイテリ菌が活用されています。

ロイテリ菌は、薬ではなく、天然のヒト由来の乳酸菌です。どんなに摂取しても副作用がなく、安心です。


ロイテリ菌は、サプリやヨーグルトとして摂取可能です。以下の製品は都内スーパーやネットで購入可能です。


R1.jpg

R2.jpg

R3.jpeg

○ロイテリ菌を健康管理や歯科疾患の予防に上手く利用しましょう!:

  ロイテリ菌はサプリメントやヨーグルトのカタチで、容易に日常的に摂取出来ます。
副作用もないため,日常的に服用することで、口腔内の我々に不都合な細菌感染症を予防して、口腔内環境を健康な状態でバランスよく保つ事が可能になります。

ただ、あくまでも口腔内疾患は、歯科医や歯科衛生士によって、感染の局所からの除去、すなわちう蝕治療や歯周病治療を行うことが前提です。
その上でロイテリ菌の効果を期待する事が原因論に則る科学的な定石です。  

口腔内局所の細菌叢を放置したまま、プロバイオティックスを利用する事は不充分で、確かな効果が得られないだけでは無く、再発し易いと考えられます。


歯科治療をシッカリ終えた状態で、ロイテリ菌など、プロバイオティックスの効果で健康を維持して、口腔疾患も予防しましょう。

歯科医院でもサプリが置かれている医院もありますが、歯科治療を行うことも同時に必要で、サプリだけで口腔疾患が防げ,健康維持できる訳では有りません。
















« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。