«  2018年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年5月28日

  


○歯の破折とは?:

  最近は歯科関連記事に歯の破折や歯根破折という言葉が増え始めている点が気になります。
例えばこの記事では破折と歯周病が抜歯で歯を失う原因だと説明されています.
私は、2013年頃から短期間に患者さんに歯根部破折を含む歯の破折が増えていた現象を経験していました。私は当時,この傾向に驚愕していました.しかし同業者に聞いても余り彼等には、そのような破折の増加傾向の認識はなかったようです。しかしこの頃は少し認識が変わってきたように思います。
多くの臨床家が臨床の場で、歯の破折現象に徐々に遭遇する頻度が高くなってきたのでしょう。やっとその異常性を認識し始めたようです。

著名人にも多かった歯の破折は各々が実際に経験したことを素直に語られた実態のように思います。私は当時、こういったネット上の記事やSNSをよく読んでいたので、歯の破折現象が頻発した異様な事象が自分の勘違いでは無いことに自信を持っていました。

歯牙破折.jpg
白矢印部のようなクラックラインがみられます。一般に歯牙破折の場合には、知覚過敏症状が出るのでよく解ります。一方、従来からそういった歯牙破折ではない、高齢者に認められる生理的な問題とならないラインもあります。そういったモノは症状が無いので心配は要りません。

さらに、当時は橋本病の患者さんが沢山来院した経緯を考えると国内は3.11後に政府発表通りに、いつも通りに生活して内部被曝してしまった方々が多かった事が想像されます。

上のリンクした記事にも書かれているように、石灰化組織の骨や歯がCaと親和性が強いストロンチウム(Sr)が入り込む事は私も良く知っていました。
そういった内部被曝で歯の破折を起こす原因になることはチェルノブイリ事故以降は世界的には常識です。私のオフィスにも歯牙破折の患者さんが沢山来院されましたが、その中で従来と異なる傾向に、エナメル質だけがスライスされるように破折するケースが幾例もあった事です
図1-2.jpg
上の図のように、エナメル質がスライスされたように破折するケースも幾例も遭遇しました。


○何故 臨床医は症状を無視するのか?:

むしろ震災後、180度表向きの認識を変えて実態を隠蔽し始めた日本国内の異様な空気では、まるでそういった被曝事実自体が存在しないかのように見えない圧力で国民や医師までも無言で制止していたように思います(未だに続いています)。

または面倒な事に関与したら監督官庁に睨まれて保険報酬さえ奪われてしまいかねないという疑心暗鬼を生じている様にも思います。このような臨床医にも目に見えないバイアスが無関心や無視へ向かせた原因になっていたという実態もあるように思います。これが、私の一医療人としての日本国内の事実隠蔽によって作られた空気に関しての率直な感想です。

今こそ実際に臨床で直面した事実は嘘偽りの無い事実として、認め、その原因と対策や予防策を考えることは医療人の責務のはずです。
安易に上のような世相に流されて、医療人としての役割を忘れてはなりません。

放射性物質のSrは水溶性が強い核種ですから、事故後に大平洋に拡散したものは大平洋を高度に汚染して海洋生物も被曝しました。
すなわち、特に魚貝類は汚染されました。
このような事態を反映して、
検査済み食品を販売する会社でも、政府検査では意図して割愛されるSr検査が真面目に行われています。

特に太平洋岸の魚を食べることからSrなどの放射性物質が我々の体内に入り、内部被曝の原因になることが理解出来るはずです。
そして、Caに親和性が強いSrならカルシウム豊富な硬組織の骨と歯には入り込む事が理解出来ます。このような汚染食材を学校給食や老人施設では多量に使用している悪行が継続している実態を1人でも多くの国民に知って頂きたいと切に私は思います。こういった食材の使用は風評被害払拭策として福島JAなどと福島県が意図して行っていることをよく理解して下さい。これはすなわち、公的組織が作る世界的に蛮行と認識されている傷害行為に成り得ます。
。また、優勝力士が在籍する相撲部屋には福島米1トン他多くの福島食材を贈呈している事実も付け付け加えておきます。
このように我々の体内で放射性物質が内部被曝を起こす状況では、チェルノブイリの経験から人々の歯が割れたり折れたりする現象が多発したことが、東欧の専門家や日本から非政府組織で東欧へ医療ボランティアへ赴いた医師達の経験からも明かで、この事は否定出来ない真実と言えます。


チェルノブイリよりもより厳しい事態に陥った高度に汚染されたレベルセブン(レベル7)の日本では、東欧と同様かそれ以上に多くの歯の破折事例が起きても全く不思議ではありません。
虫歯が無い歯が痛む時には歯牙破折を疑えとのブログを以前私も書いています。このように震災前,従来から有髄歯でも非生理的ストレスが掛かった場合には破折する事がある事実も、歯科医でも認識が低い先生が診断できないので皆さんは忘れないでいただきたいと思います。
またこのように、今日本国内で震災後に頻繁に歯の破折が生じているのは、科学的な根拠のある事実です。

ただ、震災前からごく最近までは歯牙破折が歯を失う原因だといった事が言及されることは殆どありませんでした。
しかし現実に臨床で歯の破折が増えていることを認識すれば、歯を失う原因の一つに歯の破折が有ることが言及されるのも必然性があります。

よって、昨今歯の破折云々を語る歯科医師や医療関係者が多くなっても全く不思議ではなく,むしろ必然性有る現状の反映と思います。


また、先日のブログ記事でも私が言及した通り、歯の破折(歯根は節を含む)が多くなったことから、特に、昨今は歯内療法を行って根管充填された歯を放置して歯冠部補綴をしないままにする患者が多くなっているので、その場合には破折し易いため、可能な限り早期にクラウンやブリッジで歯冠補綴する事の必要性が重要になってきたと考えています。すなわち、根管充填された歯は即刻、歯冠補綴し歯を安全に保存が出来るようにすべきです。

現在通院中の患者さんにも根管充填したまま歯冠部補綴をしない、もしくは補綴を強く勧めても直ぐに治療することを希望しない患者さんもいますが、よく考えて補綴する決意を歯の安全な保存のためにも、是非ご考慮頂きたく御願いしています。

先日まで福島の小児甲状腺がんは、スクリーニング効果で生じたことで原発事故由来の内部被曝により発症したのではないと、言い張っていた専門家もようやく、詭弁を翻して内部被曝に因る障害であった事実を認め始めました。、日本の原子力ムラも少しだけ態度が変化した様に思います。


政治家や官僚が事実隠蔽し責任を誰もとらない事から、日本国内では市民レベルにも同様な無責任で教育でも何でも無い実態が常態化し始めたようです。日大までも組織的隠蔽で真摯な姿勢で記者会見までした二十歳の青年の人格さえも守ってあげられない非情な措置を恥ずかしげも無く露呈しています。

○オフィスにおいで下さい:

我々麴町アベニューデンタルオフィスでは,震災前から破折歯への対応や処置を行い続けています。
歯冠部エナメル質に限局したケースでは即座に歯冠修復物を装着する事で、保存したケースもあります。全くのケースバイケースですが、可能な範囲でより良い歯の保存を目指しています。

広く歯科治療のし直しを行っております。治療の説明や相談だけを行うためにカウンセリングを行っていますので、治療概念をより良く理解して完全な治療を行うためにも是非お受け下さい。電話予約お待ちしています。


*昨今、簡単な治療でも途中で止める方が多数出ていますが、結果的にその歯を失う事に繋がります。最後まで社会人として真っ当な常識をもって、ご通院下さい。

また,免疫力低下を反映してか、過去に治療したう蝕治療の再発が顕著になり始めています。
震災以降、歯科領域での著しい再発や歯科疾患の頻発が近未来に一挙に起き得る状況を想定して、我々のオフィスでは、非常に強い危機感を持っています。

こういったリスクを心配され、気になる部位がある方は是非、治療し直しを早急に行う様に御願い致します。



○SNSから一つ:













2018年5月15日

  


今日は、簡単に重要な歯科知識をお伝えします。

下の画像は、50台男性会社員ですが,歯周病の有無をチェックにおいでになってブラッシング指導の際に口腔内を歯垢染色したところ画像のような状態で歯が染まっていました。
 本人はよく歯ブラシは行っていると語っていましたが、画像のように歯の表面2/3程は磨けていますが、歯肉に近い歯頸部が赤染した歯垢が残り殆ど磨けていませんでした。

こういった結果から、この方は歯ブラシの当て方も確認しないで、横磨きでいい加減なブラッシングをしている事が明確に解ります。→ 歯周ポケット縁上の歯の表面に上手く毛先が当たるように指導しました。


歯垢染色例.jpg

Butler #2111-pics.jpg
当院ではこの歯ブラシ(Butler #211)を推奨しています。これは世界の歯周病医が推奨するブラシです.ブラッシングし易い良い形態とブラシの特徴が有ります。


IT正面観.jpg

上の画像は歯垢染色していない状態ですが,歯頸部に沿ってごく初期の軽いう蝕様の脱灰(白斑)がみられることから、ブラッシングチェックと歯のクリーニング及び歯頸部のためにフッ素塗布を併せて定期的に行うことにしました。

麴町アベニューデンタルオフィスでは患者さん個別に歯並びやブラッシング状況に合わせたブラッシング指導を行っています。お子様からご老人まで丁寧にご指導しています。

ブラッシングは全く難しい作業ではありません。皆さん,早く自分に適したブラッシングのコツを身に付けてう蝕や歯周病の無い健康的なお口を手に入れましょう!

保険でのう蝕治療や歯周病治療を行う場合はもとより,ご希望に応じて刷掃の説明や指導をさせて頂きます。
保険治療のルールに規制され無いブラッシング指導のみ*も自費で行っております。(30分自費5千円〜)

 *保険治療のルールでは歯ブラシだけの予防処置は行えません。また、フッ素塗布も自費治療でのみ可能な処置です。

お子様に特にオススメしています。

う蝕が無いお子さんも今一度ブラッシングをチェックしましょう!


















2018年5月14日

  


  ある患者さんが上顎左側.側切歯(2番)部が腫れて痛いとの主訴で来院されました。
下の画像の白矢印の歯が主訴部位です。写真では根尖病巣はそれ程大きく見えてはいませんが,患者の言では以前他院で治療してもらったが、治療完了しないまま放置していたそうです。そして,「細菌が入り込んで腫れたのだと思います」と語っていました。

画像には写っていませんがこの側切歯の舌側には治療で開けた開口部が仮封材で封鎖されていて、その仮封材を除去したところ、前医が根管に調薬するために入れていた変色した綿栓が出てきました。
このように仮封したまま放置して仮封材の隙間から根管内に細菌が入り込み、併せて歯髄の壊死物質が内部にまだ残っていれば根尖外に移出し、それ等が抗原と免疫細胞に認識され根尖病巣を作ります.そして今回のように急発症状で苦労することがあります。

例え,根管充填されていても歯冠部の変色が生じる事もあります。ましてや根管充填されていないままの場合には褐色に歯冠部が変色するケースもよく遭遇します。

根充後の心得01.jpg


この患者さんのパノラマX線画像を観て解ることは、過去に根管充填された歯が幾つも有りますが、大臼歯だけはさすがに補綴しないと噛みずらかったからでしょうか、一応金属冠で補綴されていますが2,3 本の小臼歯では根管充填された歯は、根管充填だけされたまま歯冠補綴されないでいます。これ等各々の咬合面開口部はコンポジットレジンで封鎖しただけの状態です。歯冠補綴を行わないままで放置されていました(*)。

このような状態で放置された時の問題は以下に述べるコロナルリーケージのリンクを参照して下さい。また、もちろん歯冠部が破折することも多いのが常です。

一般に保険治療主体の治療を受けていた患者さんでは根管充填された前歯部〜小臼歯部では開口部を封鎖しただけで放置されていて、治療が完了したと勘違いしている患者さんが多いように思います。

歯冠補綴治療を受けない患者が多いのは、歯科医が正しく治療概念を殆ど説明しない短時間診療体制が多い国内の保険診療主体の呆れた実態が関係するようにも思えます。

歯冠補綴しないで放置することのリスクを歯科医が一言も説明していないのは、金属とセラミックなど審美修復物を噛ませて、破折する状況にあっても黙っている状況と全く同様だと思います。

そして、今回も(根充後の画像にはありませんが)、上顎右側側切歯は根充後に歯冠部補綴の必要性を説明して、このまま放置すれば歯冠部の破折などトラブルが生じやすいので、今回こそ、歯冠補綴治療完了まで必ず通院して欲しいと常識的必要事項を私は全て説明しましたが、その後来院しないまま今回も放置されてしまいました。この方は、こういった注意に対しても全く危険性への想像力が働かないようです。

この方は、根管充填まで至ったのでまだマシです。最近では、歯内療法の根管治療の途中で通院しなくなる理解不能な妙な患者も多いので、そういった患者の理屈が理解できない幼稚な精神性には呆れ果てます。

適切な根管充填後の前歯部の断面図:

適正な支台築造2.jpg

根管に朱色に色づけされた部分が ガッタパーチャと呼ばれる樹脂製の根管充填材です。根管充填材の一部を除去しその印象を採得し、石膏模型を作り技工所でジャストフィットする金属鋳造支台を作製しておきます。出来上がった支台は根管に図のようにセメント合着で装着します。
 *支台には既製コアとレジンを利用し支台築造(支台を作ること)するケースなど材質や方法には幾種類もあります。

このように、根管充填後は、金属などで支台(いわゆる土台)を作製して根管内へ装着して周囲を適切に形成し印象採得して精度の高い歯冠補綴物を装着すれば、この治療は完了します。 


ここで、支台と供に歯冠補綴物が精度良く出来上がっていることが最重要事項です。


このように歯冠補綴物が支台周辺を形成された部分(マージン)と精度良くジャストフィットで装着されている事でいわゆる コロナルリーケージと呼ばれる歯冠補綴物のマージン部に生じる隙間と支台に生じる隙間から根尖方向へ根充材の隙間を介して続く隙小空間の通路が出来ないで済みます。コロナルリーケージがあれば、この通路を通り口腔内細菌が根尖へ移動して根尖病巣の再発が生じます。


このようにステップワイズに割愛しないで治療が行われて再発リスクが低い安全な治療が完了します。 

歯内療法を始めた場合には、ここまで一連の適切な治療を行って歯内療法に派生する治療は完了します。


これは通常我々が歯科常識として患者さんには説明することです。最後は歯冠部を補綴することは、特に我々がお話するまでもない患者さんにとっても常識のはずです。

この患者さんのように、歯冠補綴治療が必要である事を、全く初めて聞いたようなふりをして来院しなくなること自体が全く恥ずかしく大人とは言えないダメ社会人を露呈しています。常識人なら極めて恥じるべき子供じみた態度です。

例えば、会社で多くのクライアントや同僚と会話をする責任有る社会人なら大切な治療のはずです。前歯1本も立派な大の大人が最後まで治療を完了出来ないで それを放棄するのは、  全く大人として恥ずかしい..... 


この患者さんのように、歯内療法の治療を完了出来ないで平気で放置するような人間は、大人としての常識が無い子供じみた人間です(大人の幼稚化)。今回の治療でも側切歯という他人からみても最も目立つ前歯部の治療さえまともに出来ない訳です。このように子供じみた常識が欠落した大人が日本社会に増殖していて私は大変に不安になります。

この方のように、治療途中で転院して来る方の殆どが、よほどの理由が無い場合以外は、当院でも同じく治療途中で通院しなくなる事が通常です。

このような方は、コンプライアンスが無い人間として我々もそれ相応の扱いで対応する他有りませんが、予約キャンセルして来院しないような社会人は、歯科保健はもとより常識が欠落している人間故に、我々には何もこういった方へは出来ることがありません。 


このような社会人とも思えない方々が患者に最近増えてきたことは、官僚や政治家など公人が平気でワイセツ事件等トラブルを起こす異様な国内環境を反映しているようにも思います。





当オフィスから一言:


 このブログ記事のように、治療概念を皆さんが適切に理解出来よう巷の歯科医院での不充分な説明を補完しています。

   当オフィスにご来院頂いた皆様には、上に描いた様な非常識で社会人として恥ずかしい認識の誤った姿勢を採らないで、治療の重要性を理解して治療完了して頂けるように厳に御願い申し上げます。


























2018年5月12日

 

昨今,ユニバーサルディザインという用語が頻繁にメディアで聞かれるようになってきました.
その意味するところは、多くの人々に不自由なく使える様に工夫されているモノといった事です。

ユニバーサルデザインフード(UDF)とは、多くのヒトの口腔内状況に適した独特の工夫をした食品で,例えば総義歯や部分義歯の方でも咀嚼出来るような食品、入れ歯がない方にも、歯茎だけでも食べられる商品、または衰弱して咀嚼さえ出来ない方でも、飲み込んででも栄養を得られるように工夫された食品等々...口腔内状況に応じてしかも,美味しく食事を楽しく出来るように工夫されたモノです。


最近のこういった食品は従来のミキサー食のような楽しい食事という重要な要素を無視したモノでは全くない工夫されてる点が評価できます。

私は以前から、高齢者やハンディーある方々へのレベルの高い、それを利用する方々が喜んで使用できる類のモノが少なかった事を残念に思っていましたから、このように美味しく利用出来る配慮は高く評価しています。

高齢者のみならず、矯正装置を装着している方にも、適当なモノが有ったら、是非利用して頂きたいとオススメしています。

UDF区分.png

食品業界でも特にUDFに力を入れているキューピーのwebをご覧下さい.

現在,ドラッグストアやスーパーで容易に入手出来ます。高齢者の介護食だけでなく,あらゆる年代の方の口腔内状況に応じて病中食などに是非ご利用下さい。


 















« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。