«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯科臨床に於けるスクリーニングの基本:診査診断が出来ない歯科医が危ない | メイン | 高度に進行した根面う蝕で歯が折れる直前に修復した症例 »

2018年3月 6日

 
  更年期障害に関しては歯周病関連でブログを書いてきましたが,この頃,更年期障害に悩む中年女性の中に、意外にも口臭に悩む方が多い事実が報道され始めています。
確かに,私のオフィスでも初診や通院中の中年女性の中に口臭を訴える方が多いのは現実です。

そういった方の多くは、歯周病の治療が不充分である場合が殆どですが通常の歯周病治療だけでは治らない難治のケースにも遭遇しています。

そういった難治のケースでは総じてドライマウスなど唾液分泌の低下が顕著な共通点があります。
すなわち,更年期症候群の中で唾液分泌の低下を現した例では、唾液の口腔内での環流量が低下して口内の自浄性が著しく低下して歯周病菌の活動を助長して仕舞います。もちろんう蝕原性菌も増えますから、う蝕にもなり易い方もいます。

このように唾液が分泌不足になれば細菌が口腔内で増えるために口臭が出易い環境になります。

更年期もそうですが,糖尿病性の唾液分泌不足でも同様です。
最近も、糖尿病になった患者さんが来院して口臭が顕著な歯周病を発症したケースに遭遇しています。糖尿病の基礎疾患がある場合には特に歯周病治療の反応が悪い例も多いために、特に厳密なケアが必要になるために、患者本人のレベルが高い協力が不可欠になる点も注意すべきです。

更年期障害に関しては、婦人科を受診するように奨めていますが,
唾液分泌全般では歯科大学にはドライマウス外来がありますから、そういった専門の科に受診する事も必要かも知れません。


 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。