«  2016年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年4月27日

最近,下顎大臼歯が破折したり歯周病に罹患して抜歯するケースも増えています。大臼歯部の破折の場合には抜歯になるケースが多いので患者さんの希望も考慮して妥当で安全な治療方針を提示する事が我々臨床家には重要な使命になります。
ところで今回ご紹介する症例は破折線が歯髄を通っていなかったことにより幸運にも歯髄を抜髄しないで歯を保存する事が出来た症例です。

先日,歯が割れてある男性が来院されました。問題の歯はかなり前に割れて会社の歯科室で歯の割れた欠片をスーパーボンドという歯質に接着する歯科用接着剤で接着し原状に歯の形態を戻し治療した経緯がありました。
一般的に一度割れた歯を接着しても強い力が掛かれば再び歯は割れます。この症例もそういった典型例です。この症例では破折線が幸い歯髄を避けるように入っていたために歯髄に接致命的障害を与えないまま有髄(歯髄が生きたまま)の状態で機能していました。しかし接着が破綻していて破片が動いてしまうので、それが不快だといって事が主訴でした(下に示す写真参照のこと).

以前初めて歯が破折した時は飛び上がるような激痛を感じたと語っていました。もちろん破折部はエナメル質からその下の象牙質を横切っているので象牙質に存在する象牙細管という管を通じて歯髄へあらゆる破折面からの刺激が伝わるので痛みを感じます。

しかし今回来院した際に破折部をピンセットで動かしても,痛みを感じないとおっしゃっていました。
歯が破折してからもう数ヶ月時間が経つので歯髄の象牙細管も二次象牙質が出来て刺激をブロックしていたようです。
二次象牙質とは象牙細管を通じて刺激が続く際に歯髄にとっても不都合な刺激をブロックするために象牙質の歯髄側に形成される石灰化した防御層のことです。 これは知覚過敏症の際にも形成される極めて生物学的な防御機構です。今回もこの防御層が形成されることを患者さんに説明しましたが,硬組織が後から形成されることを初耳だと驚かれていました。二次象牙質の形成は生きた歯髄ならではの素晴らしい防御システムですから、歯髄を生きた(有髄の)まま保存することが大切だと改めてご理解頂けると思います。

レントゲンコピー.jpg

会社の歯科室で撮影されたレントゲン画像です。画像のコピーを携えてこの患者さんは来院されました。
この画像では偶然,破折して離開した部分が歯冠部に写っています。

図1-2.jpg

*図では智歯(親知らず)は割愛し描かれていません

術前01.JPG


下顎左側第二大臼歯の遠心の一部が破折しています。来院時はスーパーボンドが完全に剝がれて破折片が動いていました。
この破折片を再度スーパーボンドで接着したら再び同様な状態にも戻りますが、それでは患者さんが来院した意味がありません.私は破折片を除去し破折面をコンポジットレジンで被覆することにしました。元の形態に戻したら咬合圧によって再び破折してしまうので、豊隆を敢えて控えめにして薄めの層になるように被覆しました。このコンポジットレジンの層は露出した象牙質を完全に被覆して象牙質への細菌の侵入と刺激を完全にブロックするためのものです。

このような治療で患者さんのご意向にも沿えて,抜歯も抜髄もしないで、また破片が動くような不快感からも抜け出せたことで患者さんは近所の歯科医院ではなく私のオフィスにご来院頂いた甲斐があり,当オフィスを選択して頂いたことが正解だったことになります。
たぶん他院へ受診したらよくても以前と同様に破折片をスーパーボンドで接着して終わりにしてしまっただろうと思います(これではまた以前と同様の不快感が続く事になります)。

○私は以前にも歯牙破折に関するブログ記事を書いています。併せてお読み頂ければ幸いです。


図2(CR).jpg


術前術後.jpg

左:破片をピンセットで除去した状態.   右:破折面をコンポジットレジンで被覆した状態.

今回は出血が無かったので、破折面に接着に必要なエッチング等の適切な表面処理を出血や唾液に汚染されないで行えました。これは大変幸いなことでした。
もし破折部が出血していたら,この日のような適切な治療は不可能でした。

破片.JPG

上の画像は破折片です.

◎良い治療を受けるには出来る歯科医を見付ける事が大切


この患者さんのように歯科医院選びでは自分の症状を適切に治療できる歯科医を選択する事がキーポイントです。

実際に同種の治療実績がある"出来る歯科医師"をブログの解説や実際の臨床写真で確認して歯科医を選ぶことも大切です。  
良く勉強をしていて臨床例を大切にする真摯な臨床家は口腔内写真で症例を保存します。やりっ放しにしていない先生が多いので、こういった観点でも良医が解ります。 
また臨床写真を撮影するのは短時間診療体制の雑な歯科医院では難しいと思います。

皆さんもこの方同様に治療が出来る歯科医師をネットによってピンポイントで探し出して受診してはいかがでしょうか?



















































« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。