«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 抵抗力低下で、根尖病巣再発が増加し始めています:殆どは医原性疾患です | メイン | 年末にトゥースクリーニングを受けて爽やかに新年を迎えましょう! »

2014年11月20日


 巷のう蝕(虫歯)治療は危険です。

毎日のようにインレーが外れたり再治療を希望されて患者さんが来院します。

先日のある症例を撮影したので掲載します。

(治療の合間に口腔内専用カメラではなくポケットカメラで撮影したので見づらく失礼致します)

スライド2.jpg
左上:辺縁の不一致が明確な不良な金属インレー

右上:ラボで作ったハイブリッドセラミックスインレー(模型上の写真)

右下:ラバーダム防湿下で厳密な条件でインレーを接着・装着した直後の写真

患者さんも大変に喜んでおられました。


art2.JPG

最近、当オフィスでは同様な治療法が好評を得ております。

こういった治療をご希望の方は当院へお問い合わせ下さい。



















Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。