«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯科治療は目に見えないところが肝心!歯科医師の倫理観の反映 | メイン | あなたのお口の中にも歯科医原性疾患: 正しい歯科治療を受けるのは難しい? »

2011年7月11日

この時期になると、鰻の話題がメディアに載って参ります。
皆さんも、鰻丼・鰻重など召し上がる時があると思いますが、入ったことのない店で食べるのは勇気が要るものです。せっかくそれなりのお金を払って食べるのだから、美味しい鰻を食べたいと思うのは当たり前です。

・・・・・

「鰻屋の法則」

ここで、私どもの業界にも常識として通底することを一つ紹介致します。

ある方が、散歩の途中で古い老舗らしい鰻屋の前を通りかかりました。久しぶりにうなぎでも食べたいと思いその店に入ることにしました。
店に入って並(梅)の鰻丼を注文しました。

そして、食べてみたらどうも余り美味しくなかったのです。この方は「たぶん、一番安い並(梅)の鰻丼だったので不味かったのだろうと思い、特上(松)の肝吸い付き鰻重(松)を食べたら美味しいに決まっている」と考えました。
そして再び、週末にその店に寄って実際に特上(松)を頼みました。
しかし、肝吸い付きの高い鰻重は思いの外美味しくありませんでした。


unagi3.JPG

この話は、日常生活における一つの大きな教訓です。
すなわち、鰻屋の味というのはその店のご主人(板前)の腕と鰻を料理する技量や鰻屋としての見識で決まります。ですから、並(梅)の鰻重が不味い店では、特上(松)の鰻重を食べても不味いのです。いくら沢山のお金を払ったからといって美味しいモノが出てくることはありません。
 これは誰でも理解できる常識です。でも、こういった理屈が解らないヒトが世の中には沢山います。

 この「鰻屋の法則」(←これは私が名付けました)は、歯科医院に関しても同様です。

結局、治療内容が悪い歯科医院では、いくら高額な自費治療費を払っても正しい治療は受けられません。

 これを未だに解らない患者さんが沢山います。デタラメで不良な歯内療法処置した歯に高い自費の補綴物が装着されているのを毎日観かけます。
しかし、患者さんには治療内容がよく解らないので仕方はありません。ですから、信用できる歯科医院を選択するしか方法はありません。信頼できる歯科医院や先生を見つけるしかないのです。

実際の臨床では、雑な保険治療をする歯科医院では、自費を沢山払っても内容が悪いのです。
正しく、良心的に歯科診療をする歯科医院では、いくら不採算な保険治療であってもそれを理由に不良な手抜き治療はしないはずです。保険治療を真面目にやらない様な医院では良い自費診療も受けられません。巷の多くの歯科医院ではどうなるのか想像して下さい。

 初診患者さんを診ていると解りますが、巷の多くの歯科医院で行われている基本的治療が雑で不良です。

ここでいう"基本的治療"とは、例えば単純な虫歯などの治療です。
毎日、患者さんのお口の中に不良な詰め物(インレーやコンポジットレジン)を目にします。
お痛みがあったりインレーが外れて来院されますが、これはほとんどが正しい治療を前医がしなかった事による歯科医師が作った"医原性疾患"です。 

来院患者さんのほぼ全てのそういった歯牙の充填物の下から感染歯質(軟化象牙質)が出てきます。

不完全な充填物の隙間から派生した二次う蝕や最初から感染歯質を充分に除去しないで充填してしまった不良な処置を一般的には"治療"と称しているのです。
これが保険治療では日常的に通用していることが日本の歯科界の最悪な事情と言えます。表に出ない治療(歯内療法・歯周治療やう蝕治療など)をイイ加減に行う傾向が強いと思います。しかし、最も基礎的な歯科治療の分野です。

 保険・自費に関わらずこういった不良処置が過半数であるという実態を多くの患者さんに認識して頂き、不良歯科医療に騙されずに、確実に真っ当な治療が受けられる先生を見つけて頂きたいのです。人生の貴重な時間やお金を無駄にして欲しくないからです。


それから、これも以前のブログでご紹介しましたが、巷の歯科治療では、根の治療(歯内療法)の過半数が不良です。日本では9割の歯科医院ではラバーダム防湿法も行わずに歯内療法を平気で行っています。もちろん、器具の滅菌・消毒性も不完全なまま行われています。これは本当に危険です。

歯の寿命や予後を考慮すれば、ラバーダムも使わないような医院で治療は受けるべきではありません。 

こういった不良治療では治療した歯の予後が悪くなります。当院では、手間のかかる歯内療法等の器具類をまとめてシステムとしてセッティングして滅菌収納しているのは、正しい診療を行うため必須な条件だからです。

確かに保険診療では、正しい処置を励行することは不採算ですが、当院ではこれを理由にイイ加減な治療をすることはありません。ラバーダム防湿法は保険・自費診療の区別無く保存治療(歯内療法+う蝕の充填処置)行っております。器具等のセットアップは全て同じです。保険診療だから(別の仕方)手を抜くと言ったことはしておりません。 

採算性に関しては、時間のかかる治療や技術的に難しい再治療(やり直し治療*)では対価としての自費診療を御願いしています。健全な医院経営にご理解を頂きたいと思います。
*日本では、保険点数には数倍も時間がかかり技術的にも難しい"再治療の項目"がありませんから、対価を自費診療にて頂くように致します。

*日本の歯科事情から、治療を受ければ受けるほど口腔内に医原性疾患を増やす結果になります。正しい治療ができる医院以外へは受診すべきではないでしょう。

    正しい歯科診療をお望みの方は、麹町アベニューデンタルオフィスまでご予約下さい。 


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。