«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年5月 1日


ある日、医科系出版社の編集者R女史より、「ある方が歯が痛んで困っている」「担当医も原因が解らないらしいので、診てくれないか」との連絡がありました。日本でも著名な数十名の臨床医を知っているRさんから、そういった先生方にではなく、私のような者へファースト・コールを頂いたので、有り難く拝見させていただきました。



お出で頂いた患者さんは、佐藤英子(仮名)さんという会社を経営されている品の良いご婦人でした。全顎的にある先生に治療を受けているようで、お口の中には前歯のパーシャルベニアを含めてしっかりとした精度の良い補綴がなされていました。お痛みがあるという歯は、左側第二大臼歯で、小臼歯からブリッジが装着されていました。打診をすると違和感があるようで、間違えなくこの歯が患歯(問題の歯)であることが解りました。来院時、激痛は緩和されていました(失活していた=歯髄が死んでいる)。




panorama
















このような状態です。


前日、激痛にうなされて担当医を訪れたそうですが、院長は遠方の学会に出席しているので代診の先生が代わりに診察したそうですが、原因がわからず対症療法としてお薬を処方されただけだったそうです。



デンタル1
















デンタル(X線)写真です。

第二大臼歯近心に、8ミリ近い深いポケットが存在していました(出血なし)。




この時点で、歯根破折を疑いました。また、反対側(右側)の第二大臼歯は以前破折して失っているそうです。実はこの既往が大切なのです。以前歯牙破折しているということは、今回も破折が関係している可能性は濃厚だからです(=口腔診断学の基本)。




破折が生じるとその破折線に沿って根尖方向へ細菌が移動して、骨が根尖方向へくさび状に深く破壊されるからです。これはいわば常識で、根部に破折が生じた印です。破折歯の多くは、よっぽどのことがない限り破折部が割れた状態で見えてきません。ですから、気がつかずに放置しやすいのでしょう。ただ、こういった骨欠損があるとき、歯周病も破折も考えずに補綴をする先生は、はっきりと不見識と言えます。先生自身がプローブで診査するようなことを行っていない医院ではこうしたことが起こりがちです。この医院も例外ではないのでしょう。
 

デンタル2















近心には、上の写真のアウトラインに示すような欠損があります。また、既に根尖(根の先)には根尖病巣を思わせる不明瞭な影が確認できます。一方、口腔内所見では当該部位のポーセレン製の咬合面が、著しく咬耗していました。ブラキシズムと呼ばれるような"くいしばり"などの悪習癖があるものと想像されます。こういった方は、歯牙破折しやすいのは歯科常識です。


*下顎は、第二大臼歯にポーセレン製のインレーと、第一大臼歯には咬合面がポーセレンのセラモメタルクラウンが装着されています。佐藤さんのようなケースでは、メタルでカバーすべきでしょう。
 

ポーセレンでは著しい咬耗とポーセレンが破折をする可能性が高いからです。

審美性を損なわせないためかも知れませんが、設計ミスだとも思います(安全な方法はブラキシズムの患者には、咬合面はメタルカバーです )。

もちろん、上下顎咬合する箇所はメタルが安全です。ポーセレン修復ではなく、メタル修復もしくは一部メタルにすべきでしょう。患者さんの希望もありますが、安全な処置方法をとることや説明してそれをススめることは臨床家として大切なことだと考えます。


このように"審美歯科"などという言葉を掲げて、安全な選択肢を忘れることは臨床上根本的問題の考慮不足だと私は考えています。




口腔内での確定診断として、破折線を確認する必要があります。この症例では、露出根からポケット内への根面を染色剤で染め出して斜め45度からマイクロス コープで観察した結果、根面にわずかに染まった破折線を発見しました。すなわち、この症例では歯根破折が原因であると確定したのです。


キャリアのある歯科医師でも、う蝕のない生活歯の歯髄炎の場合、"原因がわからない"としてしまう先生が多いようです。もちろん、失活歯(歯内療法がなされた歯)でも、歯根破折であることが解らない先生もいます。これは、診断能力がないのです。

生活歯の歯牙破折は今まで何例も経験があり、私自身も下顎第二大臼歯を歯牙破折で失っています。ですから、私に関しては幸か不幸か、まず破折歯の例は見逃しません。
さらに、歯牙破折を上行性歯髄炎と勘違いする先生もいるようです(ちなみに、根尖近くに何ら病変もないのに上行性歯髄炎は生じません)。破折初期には、この先生と同じように知覚過敏症と勘違いしやすいので注意が必要です。私自身の歯牙破折の場合も初期は"知覚過敏症"だと勘違いしてしまいました。

たぶん、佐藤さんの例では近心にくさび状に骨欠損が既に存在することから、かなり前に破折は起きていて、破折に気づかず補綴物を装着してしまったと思われ ます。そして、装着後かなり時間が経ってから歯髄炎に移行したのだろうと思います。私の経験ですが、破折でもかなり時間が経ってから本格的歯髄炎に移行す ることも多いようです。この佐藤英子さんも、以前に数回当該部位に軽い"うずき"や"違和感"、"浸みる感じ"を感じたことがあるということでした。まず 間違いなく、破折は補綴物装着前に起きていたことが解ります。


その後佐藤さんにはお会いしていませんが、R女史から聞くところでは新たに補綴物が装着されたとのこと。破折歯に補綴物を装着された?? 驚きました。全く困ったものです(>_<)ゞ


このケースは、反面教師です。我々も行ってしまう可能性がある過ちを行った例です。人ごとではなく、良い臨床的示唆を与えてくれました。しかし、患者さんはお気の毒です。


そういえば、この先生は我が医院で歯周病の治療を受けた医療コンサルタントX氏(守秘義務を守らない事で有名なコンサルタント:この歯科医院の内部事情も平気で話していました)のインプラントも以前埋入しています。

X氏の場合は、歯周病の全顎的治療が 完了していないまま、すなわち深いポケットが残存(6mm以上有り)したままインプラントが埋入されていました。

信じられないことですが、この先生は患者さん の口腔内をチェックせずに埋入しているのでしょうか?もしくは知っていながら平気なのかも知れません。歯周病治療が完了しないでインプラント埋入をしてし まう先生が日本では多くいるようです。 

この先生は審美補綴で名前を売っている先生ですが、実情はこの程度です。

保存治療を十分にしないで、審美補綴もインプラントもあったものではあ りません。皆さんに言いたいのは、これが歯科界の実情だということです。さらに、治療の基本を忘れると患者さんに大きな迷惑がかかるのです。

 

皆さんも、虫歯でない歯が痛んだら歯の破折を疑ってください。
それが予想できない先生は、診断能力が劣ると思って間違いないと思います。



2009年1月26日

先日、終末医療の関連で代替医療を勧める医師やその代替医療を選択した患者さん達の人間模様の特集がありました。この特集に関しては、ネット上でも批判が沢山出ています。また、livedoorニュースでも取り上げられています。



ホメオパシーという、未だ解明されていない代替医療をガン患者にススメているシーンが出てきました。ホリスティック医学協会という会など見れば、ご本人が出てきます。どうやら、こちらの世界で有名な方のようです。





「 代替医療 とは 」



○代替医療に関しては、Wikipediaの引用を以下に書きます(カッコ内が引用)。



「代替医療(だいたいいりょう、alternative medicine)
とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味が込められた用語である。代替医療は「補完医療」「相補医療」とも呼ばれる。米国でも日本でも学会
等正式の場では「補完代替医療」(Complementary and Alternative
Medicine:CAM)の名称が使われることが多いようである。通常医療と代替医療の二つを統合した医療は「統合医療」と呼ばれる。」



・・・



上のようなことだそうですが、凄く怪しいモノから、漢方などの一部そのメカニズムが科学的に解明され始めたモノまで幅広いモノを含みます。ですから、これ
自体をひとからげにして語ることは難しいかも知れません。しかし、日常行う治療では現代科学でコンセンサスを得た治療法が既に存在していることから、代替
医療を補完的に行うにしても、その療法の意義すら疑わしいモノです。代替医療を真っ先に行う(治療のファーストチョイス)ことは絶対に避けるべきです。



今回のTV特集のような、手の施しようのない末期ガンで"通常医療"に替わり"代替医療"を行うことには、私は反対するつもりが有りません。この点は、通
常行われている臨床と区別して考える必要があります。ただ、TVというメディアで評価が定まっていないこれらの代替医療に関して、かなり肯定的姿勢で報道
されたことには、一部の視聴者が批判的姿勢を持っても可笑しくはありません。







「 歯科における代替医療 」



ところで、歯科における代替医療にも、沢山落とし穴があります。先にも述べましたが、現代科学でゴールデン・ルールな通常医療を行うことなしに、代替医療を真っ先に行うことは大変に危険で、大抵の場合治療したことにならず、疾患は治癒もしないと思います。



○歯科における代替医療を行う医院や医療機関は、以下のような特徴的文句が歯科医院の宣伝に含まれています。概して、スタンダードな治療(通常医療)を高
いレベルで習得した先生は、このような方法をあえて選択しません。えてして、以下のような方法論をウリにする先生は、"その反対"の先生が多いように思い
ます。代替医療を通常医療を行わず、真っ先に行う先生も多いので、時には大変に危険です。



・東洋医学を利用して・・・漢方・鍼灸・・・



・西洋医学は体に悪い××・・・、体に優しい東洋医学的×××を使用して



・この方法は××学会の・・・認定医だけが行える治療法です。

(非公認の団体が学会を名乗り、認定医も作っている)



・ホリスティック医療を中心に・・・



・Oリングテストを行って・・・ 院長は、Oリング××の認定医です。



・Oリングテストにより顎関節症の治療を・・・



・自然治癒力を応用した体に優しい・・・



・自然食で免疫を強化、体の中から自然治癒力を・・・

(待合室に、有機野菜が置いてあったり...)



・全身の免疫を活性化して・・・歯周病や・・・



・歯周病は薬で治ります。(抗真菌剤で治せると言い張る困った先生)



・内科的歯周治療(勘違いをしているようです:コンセンサス無し)



・リフレクソロジーを利用して・・・ ハーブの××により・・・

(エステのような歯科医院"○○・サ○ン"とかいうのも??です)



・×××法による画期的な治療法!・・・

(我流な治療法の提唱をする困った先生・結構沢山います)





等々...



ココで、はっきり言っておきたいことは"代替医療"自体が悪いというよりも、それを施す側の取り扱い方を誤るなということです。我々が臨床で日常向き合う症例に、通常医療の替わりに代替医療を行うべきではないと考えます。



ex.「スケーリング(除石)を徹底的に行うこと無しに、漢方薬処方だけで歯周病を治そうとすること」などナンセンスです。







「 カルトな歯科医師 」



怪しい方法として有名な"Oロング・テスト"
関しても、あたかも科学的根拠が自明であるような書かれ方をしていることがありますが、きちんとした文部科学省・公認学会でのコンセンサスを全く得ていな
いのです。それどころか、真っ当な歯科医師からは"オカルトもどき"と扱われることさえあります。このような治療法を行う先生方の多くが、科学的根拠があ
るかのような書き方をするので素人を混乱させるのです。



さらに、事態を混乱させることには、科学的根拠が不明の方法論を行っている先生方が、自身の行う治療法に絶対的な自信を持っていることです。まじめな先生
も多いことは困った事態に、さらに拍車をかけることになります。ちょうど、10年以上前に世の中を騒がせたカルト宗教団体の幹部が、学歴もあって道理や分
別のありそうなまじめそうにみえるヒト(??)が多かったことを思い起こさせます。疑似科学を信奉する精神は、宗教に批判無く心酔する精神構造に似ていま
す。(まさに、カルトの特徴です。)



また、上のような医院へ受診し続ける患者さんの多くは、カルトにおける信者に似て、その院長なり治療法を信じ、信奉しています。それにより、一種の"偽薬
効果"で時には何らかの症状の改善が見られる点があることは否めません。では、偽薬効果のような不確実な効果のみに因る治療法を支持するだけのメリットが
あるでしょうか?しかも、多くのケースでは通常医療で確実に治療できると解っているのに... この点は、皆さん良くお考え下さい。





*代替医療ではないのですが、3MiXMP法を行っている先生方にも、こういった傾向が見られます。また、業界にデタラメに真似をする先生が多くなると、
勝手に作った任意の団体でありながら"学会"(もしくは、研究会)を名乗り、"認定医"や"指導医"なるものを作って正当化する傾向も見られます。怪しい
治療法と知っていれば、この"認定医"や"指導医"を"特殊な治療法ができる名医"などと勘違いする患者さんはいなくなると思います。意味のないこういっ
た"認定医"や"指導医"が野放しなのは、時に患者さんには大変な迷惑をかけることになります。







Onion





これは、Oリングテストをしているイメージ映像です。







「 当院へ逃げ込んだ患者さん 」



 ー 顎関節症の治療にご用心 ー



この一年間に数名の患者さんが、ホリスティック歯科治療など、ある種の"代替医療"を掲げる医院から転院してきました。まず、このうちの一人は、顎関節症
の治療のためある先生に通っていたようです。しかし、歯周ポケット内には歯石を放置したまま(スケーリングせずに)であり、う蝕治療すらしないまま、怪し
げな療法を延々と行っていたようです。もちろん効果はなかったようですが... 顎関節症が治る前に歯周病で歯を失いそうになったくらいです。私が日常
行っている教科書に載っている基本的治療で歯周病も治り、う蝕治療を完了した結果、顎関節症状も良くなりました。この方は、西東京から遠路通っていただき
大変だったと思います。



また、ある患者さんは、麹○のオフィス近所の"賞状(講習会の修了証書)が沢山飾ってある歯科医院(患者の言*)"で、上下左右の臼歯部の補綴処置を受け
たそうです。 しかし、誤った咬合挙上の治療(かみ合わせを上げる治療)をされたため、前歯部が咬合せず開口状態(open
bite)になってしまったようです(画像参照)。この結果、顎関節症になったようです。そのため、ある国立大学歯学部付属歯科病院で診てもらったそうで
す。ここでは、補綴科も受診していますが、顎関節症状から由来する僧帽筋周辺の疼痛を緩和するため、ある科でマッサージのようなリラックス法を繰り返して
受け続けているそうです。(一応。補綴科では補綴し直しを提案されています)



↑のごとくこの患者さんは、二重の道理に合わない治療を受けたことになります。(当院へは、セカンドオピニオンを得るため来院したようです。また、お気の毒な方ですが、予約が守れないので当院ではその後の治療をお引き受けしませんでした。)



*時々、医院の待合室や診療室の壁に"講習会修了証書(サーティフィケート)"など沢山飾っている先生がいます。もちろんその先生の趣味ですから、かまわ
ないのですが、これはその先生の技量や医学的見識を保証するモノでは全くありません。度を過ぎると下品ですし、何も解らない患者さんに"立派な先生だ"と
勘違いさせるための手段にしているヒトもいます。お間違えないように!!





panorama



X線写真(パノラマ像)からは:根充不足、穿孔、根破折、過剰な量の歯質削除、不良な補綴物...ひどい状況が解ります。パノラマ像で口腔内n状態がこれ程よく解るのは
珍しいですね。まさに、これは歯科医師による医原性疾患の典型例です。この症例の治療には、全顎的リコンストラクション(補綴処置による咬合の再構成)す
る必要がありますが、慎重に行う必要があります。私も簡単に引く受けられないような大変難しい症例だと思います。治療したつもりが、状態を悪化させる可能
性もあります。



・・・



とにかく、治療の基本は原因を取り除くことです。この部分を間違えると合理的・科学的な治療方法としては認められません。上のリラックス法など対症療法で時間稼ぎに他なりません。ですから、顎関節症が絶対に治りません。



この治療の基本概念が十分に守られ、行われた場合にのみ補足的療法としてのある種の代替医療も意味を持ってくることがあります。



疑似科学のような似非(えせ)治療法に惑わされることなく、科学的根拠に基づいた正攻法での治療をしっかりしてくれる先生を捜してください。


















診断
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
麹町アベニューデンタルオフィス 麹町アベニューデンタルオフィス 院長 戸村真一

麹町アベニューデンタルオフィス
院長 戸村真一

こんにちは、麹町アベニューデンタルオフィス院長 戸村 真一です。

街の歯科医院へ行くと感じる嫌な感覚を皆様が受けないような雰囲気にしました。 スカンジナビアン調に私自らがエントランスから室内の隅々に至るまでデザインし、 患者さんがリラックスできる清潔で清々しいセンス溢れる空間をご用意しました。

 巷の歯科治療の嫌な記憶を思い出すことのない快適な環境でお持ちしております。気持ちよく治療をお受け下さい。

日本の医療機関のホスピタリティーは低くセンスが感じられないのが現状です。 当院の室内環境は、私の診療哲学の現れです。 また、私のオフィスでは正しく丁寧に本当の歯科治療を致します。 正に、日本の酷い歯科医療のアンチテーゼを具現したのが私のオフィスです。