2016年10月 « トップへ

2016年11月 2日

詐欺歯科治療にご注意を:カルトな歯科治療に騙されるな

◎科学的根拠のない治療法に騙されないで下さい:


昨今,最新の歯科治療法と称して作用機序や効果・安全性に専門家のコンセンサスが得られていない未認可の治療法を直に臨床応用する歯科医院があります.

歯周病学会等で効果が否定された抗真菌剤(ファンギゾン)による歯周病治療,
・自家製剤3MiXを使用した3MiX-mp法
・エビデンスが曖昧で安全性のコンセンサスを得られていない次亜塩素酸水溶液によるパーフェクトペリオとよばれる治療法
YM療法と言われる"デトックスr療法"を自費治療で行っている極く一部の先生もいます。
このYM療法では延々と歯肉から膿を除去され続けて結局治癒が不明瞭だとの主訴で来院される患者さんもいました.
*またYM療法は業者が売る専用の治療器具を購入した歯科医のみが行える閉ざされた特権的独占性が強い治療法としてカルト性が強い治療法だと思います。

そういった勝手な団体で学会という名称を名乗って認定医や専門医といった公的標榜と勘違いする様なモノまで標榜するので素人の患者さんが勘違いするようです(厚労省とは無関係の不認可の任意団体です→トンデモ標榜です)。

以上のような評価が定まった科学的根拠(EBM)もコンセンサスも得られていない治療方法を使用する歯科医師法に抵触する違法行為は一切我々のオフィスでは行っていませんのでご安心下さい。

*これ等,根拠が曖昧もしくは全くない療法を行って患者に傷害や不利益を与えかねないものです。むしろこういった方法で治療費を得ることはハッキリと詐欺行為や医師法や薬事法違反になる可能性が高いと思います. 

しかしそういった詐欺行為が歯科界では常態化しています.

上のような治療法を受けて効果が無く、悪化して転院してくる患者さんが未だに沢山います.

広く安全性や効果が確認されていず,それ等が全く保証されていないのに何故アナタは自費まで払ってそんな詐欺治療を受けるのでしょうか?.



患者さんは理性的に歯科医が行う特殊な治療法を懐疑的に観るべきです。




歯科界で広くコンセンスを得た評価と安全性が高い治療方法は多くの先生が一般的に行っています.特定の一部の歯科医や自称○○研究会だけが行うモノには要注意です!

そもそも科学的根拠が無くコンセンサスを得られていない治療方法を歯科医が臨床で勝手に行うことは歯科医師法に抵触する違法行為です。

残念ながらこのように歯科界には倫理が欠如し始めています.根拠無き治療方法を臨床で行うのは医療人の倫理欠如による暴挙です.
また,全く科学的根拠のないデタラメな似非治療法で詐欺など金銭的トラブルを生じる可能性も懸念されますので、ご注意ください。


 現在、歯科医院を差別化するために特殊な治療法を使って馬鹿げたアピールをする傾向が歯科界にはあります.またこれ等は換言すると私が以前より語ってきた認識不足の患者さんが好むような事を連ねて騙す"迎合的歯科治療"とも言えます。そのような歯科医の自費治療費獲得のための怪しい思惑を理解して歯科医の危険な思惑と治療を回避して下さい.



適切なう蝕治療(虫歯治療)をアナタに:巷のう蝕治療は危険です


  //////////////////////////// 適切なう蝕治療を! //////////////////////////


 今のうちに歯科治療を!   歯科治療も立派な防災準備です!

災害や社会不安の中では手間のかかる治療を受ける事は困難になります。今の内に歯科治療を受けてお口の健康を担保しましょう・歯科治療も重要な防災準備です!


歯の解剖学.jpg 歯冠部は2種類の全く異なる組織のエナメル質と象牙質により構成されています。エナメル質は無機質の石灰化組織で、象牙質はコラーゲンに富んだ有機質の組織で細菌感染で腐敗します。また象牙細管(管状の空間)が存在して細菌が潜む空間が多いのが特徴です。よって 象牙質に細菌が感染すれば細菌が潜り込む大きな領域として厄介なう蝕になります。*

インレーと窩洞2.jpg左画像はインレー除去後の高度に腐敗した軟化象牙質の状態です。

*齲蝕の常識的知識はこのブログをご覧下さい。


   巷の歯科医院で毎日行われている"雑なう蝕治療"によりインレーや充填物の多くのものには、その下に細菌が存在する感染歯質の取り残しが観られます.またそれによって治療後に二次的にう蝕は更に進み軟らかく腐敗した感染歯質の軟化象牙質が頻繁に認められます

う蝕治療を安易に考えている方が多いようですが、歯の寿命を縮める原因の多くはう蝕を放置したことや歯科医が行った雑で不良な治療(医原性疾患)です。 

雑で不良な歯科治療で歯はダメになります.


 特に保険算定で行われる金属インレーは、雑で精度不良の治療をされて最も危険な治療と成り得ます。 

下の画像は街の歯科医に不良な保険の金属インレーで治療を受けた患者さんの典型的な口腔内です。
 アナタは下の画像↓のような治療を受けたいですか? 

保険治療の功罪3.JPG

隙間だらけの雑な歯の詰め物を観て驚いているアナタの口の中の保険の金属インレーやアマルガム充填も同じ状態だろうと思います。
他人事だと思わないで真剣に考えてアナタも痛む前に歯の詰め物(インレー)を当オフィスで適切に治療し直して下さい。  


インレー模式図01.jpg


 巷の歯科医が保険点数を得る目的で数をこなす不適切なう蝕治療が日常的に歯科医院で行われている現実を知ってご用心下さい。  上の画像のように歯と金属の詰め物との間は大きな隙間が空いています。ここからミクロサイズの細菌は入り放題です.よって詰め物の下は細菌に侵されて象牙質が腐っています(=軟化象牙質)。

 自分の頭で考えて良い歯科医院を選択して適切な治療を受けましょう!

巷の歯科医師がこのような雑な治療に終始するので歯科界全体が信用を無くしています.その通り今の歯科界はデタラメです。


 巷の短時間の治療を沢山行う短時間診療体制の雑な歯科医院は危険ですから、受診すべきではないでしょう.

良い歯科医院選択が歯科治療成功のカギです


 

最近、以前治療したこうした金属インレーなどの再治療(コンポジットレジン、セラミックスやハイブリッドセラミックスなどへの治療し直し)を希望される方が沢山お見えになります。


 是非、こういったう蝕の再治療は適切で丁寧に治療する 当オフィスまでご連絡下さい。

 















2016年11月 1日

患者さんの声:歯周病治療体験談


「患者さんの声」


私は臨床医として多くの診察・処置・手術を手掛けて来た今だからこそ、はっきり解ることですが、40才頃まで私自身リテラシーがずいぶん低い患者であったと反省しております。


説明時間も十分に取れない薄利多売の様相の歯科医院待合室は誰の記憶にもあるのではないでしょうか。"リンゴをかじると歯茎から...."というCMは知っているけれど歯周病に関する深い認識を持つに至っていませんでした。
これらは保険制度(いち早く取り入れられた混合診療の歪み)すなわち,患者がいくら見識ある良い治療を受けたつもりでいても患者に分かりにくく保険点数は低いという問題、"歯医者の先生に全てお任せ"の国民性が根底にあると考えています。


オレオレ詐欺、国の年金詐欺に騙される人が驚くほど多いことも同じ原因ではないか、そう私自身も診療中にため息をつくことがあります。

さて、私自身は体力が落ちた時に歯肉の腫れ、歯の痛みや口腔内のネバツキ、口臭がとても気になっておりました。以前通った医院の歯科衛生士さんのケアではスッキリしなかった場所、そこの先生には異常がないと言われた場所も実は大変な状況であることが戸村先生の診察で判明しました。
戸村先生の徹底的な治療で上記の症状が、ほぼ消失。あとは日々のケア、メインテナンスですが本当の歯科的問題とその対策方法がクリアになりましたので本当に救われた気持ちです。

私はたまたま医師ですが,その立場だから言及するのでは無く誰にとっても大病を患った場合や災害時には口腔衛生状況は命に関わる問題に発展しうると認識しております。

健康を保つためにはサプリメントを漠然と摂取するのではなくテレビ,雑誌の情報や高額な先端医療に飛び付く前に(これらはすべてスポンサーが後ろにいます)まず戸村先生のように高度の技術をお持ちにもかかわらず、それだけで終わらず地味とも言える歯周病治療を臨床の場で真摯に実施していただける先生とそれを理解するリテラシーの高い患者が増えることを願っています。

今後とも戸村先生の
啓蒙的記事(院長ブログや医院HP)にも期待致します。


 ー 55才女性 医師


*患者さんに頂いた文章に句読法の訂正や省略された語句の加筆を行っています。予めご了承下さい。


2016年10月 « トップへ