2010年10月18日 « トップへ » 2011年9月28日

2010年12月13日

短時間診療の歯科医院は危険です:治療は全て患者さんの幸せのため

topphoto 本物のホスピタリティーをあなたへ

私のオフィスでは緊急の症状がある場合は例外ですが,まずはゆっくりとお話をしてから治療に移行します.お気軽に我々にお声をお掛け下さい.

患者さんは特に初診時は緊張されています.心の準備もできていない状態で直ぐに治療を受ける事は出来ません.脈拍に表れるように身体的緊張状態下での治療は非常に危険です.
一般的な歯科医院での短時間の雑な治療や配慮不足の欠点を反省すると我々が日々行っている極当たり前の診療姿勢になります.

1回の治療で終わる場合は別ですが,一般的な問診の他に患者さんのバックグラウンドを理解した上で治療させて頂くことが患者さんの幸せにかなう治療だと考えます。  
 
雑談から始まる会話から患者さんのご性格や更に仕事,趣味,ご家族やタイムスケジュールに至るまでの治療に関わる情報を知り最も効率よく適切な治療方針をとれるように努めます。

逆に,雑な巷の短時間診療の歯科医院では,このようなコミュニケーションは皆無ですから患者さんは安心して治療も受けられないはずです。

もちろん巷の多くの歯科医は患者さんの生活や幸福に関わる重要な仕事を任されている事さえ全く念頭に無いのかも知れません. 
ところで,そんな認識の低い歯科医の治療をアナタは受けたいですか?


昨今,増加している全顎的治療のし直し進行した歯周病の治療などは比較的長い治療期間を必要とします.特に,これ等には患者さんの生活背景を考慮すべきです.当院には丁寧な カウンセリングもございますので、どうか彫りよう頂いて詳しく説明を聞きご相談下さい。


治療には患者さんの協力が必要ですが、治療に協力する必要性をご理解頂ければ歯科治療は必ず上手くゆきます。

 
短時間診療体制の歯科医院では,患者と歯科医が話す時間さえ惜しんで治療の根拠さえも説明しないで治療を始めます。
カウンセリングに来院する患者さんに共通するそのような医院へのクレームは,こういったコミュニケーションの不在に対してです。 





我々のオフィスを アナタの かかりつけ歯科医院としてお使い下さい:

どうぞ,患者さんをより良く理解できる我々のオフィスを"かかりつけ歯科医"としてお使い下さい。

代診を複数人使った歯科医院へ通った経験がある患者さんから「度々担当医が交替する歯科医院での雑な診療姿勢や短時間の雑な治療が不安だった」との感想をよく耳にします。

度々担当する歯科医が変わるような医院や短時間で雑に治療を終わりにする医院では患者本位の適切な治療は困難です

またそういった短時間診療体制の歯科医院では15分〜30分程で次々に雑な診療が繰り返されています。延々と雑な保険治療を行ってゆく医原性疾患の製造所のような街の歯科医院が多いのが日本の歯科界の致命的状況です。 

多くの患者さんがそういった雑な治療行為で後年,再発など歯科的問題(再発など)で大変に苦しんでいます。

そういった雑な診療は危険ですから絶対に街の短時間診療体制の歯科医院へ受診しないで、是非充分にコミュニケーションがとれる我々のオフィスで安心して本物の歯科治療をお受け下さい.

また理想的には,かかりつけ歯科医を持つべきですが定期検査を通して口腔ケアしてゆくことがすなわち,かかりつけ歯科医を持つことです。



我々は巷の情けない歯科医院で実践されていない治療の丁寧な説明と正しい歯科知識の啓蒙を常に心がけています.:患者さんが「そうだったんですね」と歯科知識を改めて正しく認識し直してもらえるように努めます.



当院では日夜,正しい歯科知識の啓蒙を患者さんへ行っています.
巷の歯科医院では忙しく短時間診療するだけで啓蒙が殆ど行われていません。またいい加減に誤魔化すような歯科医も多いようです。誤った歯科知識で口腔内をダメにします。歯科知識の啓蒙の延長上にう蝕予防や歯周病予防も存在します。

 当オフィスの治療の説明と正しい歯科知識の啓蒙でより良い口腔内の予防や健康維持を得ましょう!     当オフィスへ是非おいで下さい。 




///////////////////   実際の症例から   ////////////////


ある競技ダンスが趣味のご婦人,全顎治療し直しのケースではそんなコミュニケーションから最も適切な治療目標を定め,治療に反映させる事に成功しています(*)。

NF最終補綴(5枚法)2.jpg
先日終了した最終補綴物の口腔内写真

こちらの患者さんは趣味で競技ダンスをされているので上顎前歯部に大きめの欠損部があっても可徹性義歯(いわゆる従来型の部分入れ歯)を装着したら動きの激しい競技ダンスでは支障が出ます。

従来型の義歯では競技ダンスに支障をきたすのは想像に難くありません。またインプラントの危険性を心配されて人工歯根を使用しない治療方法を希望されていました。そこで上額はフルブリッジを装着しました。

すなわち、治療とは生活の質を担保して更に幸福な人生を送れるよう手助けさせて頂く事です。趣味の競技ダンスも気持ちよく出来る様なライフスタイルに合った治療が人生を変えることだって有り得ます。  

*治療の詳細は上述の下線のある部分をクリックしてご覧下さい。

治療とは歯を治すといった一元的な行為ではありませんむしろその先が更に大切な歯科医の使命です。


最近の歯科界は経営上の採算性や利益優先の傾向が医療機関の基本姿勢にも如実に現れています。
 
我々のオフィスに来院されて「担当医とゆっくり話したことも丁寧な治療の説明を受けたのも初めてです」と当たり前の我々の診療姿勢に驚かれる患者さんが誠に多いことには私自身、本当に驚いています。
 そのくらい日本の歯科界の診療内容が低下しているのでしょう。


そして巷で行われている歯科治療は歯科医の治療費目的の都合で決定される事が多いようで歯科医の良心や倫理感を喪失した現状が散見されます。

これでは全く話す暇さえ惜しんで忙しく治療して治療自体は終わらせても、患者さんには全く有難くも何ともないと思います。 このような心の無い診療が日本中で続いているのでしょう。 

しかし、これが歯科界の現実の姿なのです。

巷の良心や倫理感を無くしたような歯科治療に不安を持たれた方は是非,当オフィスへお越し下さい。

 


2010年10月18日 « トップへ » 2011年9月28日