トップへ » 医院のこだわり » 一つのイスから始まった医院の空間〜私のコンセプト

一つのイスから始まった医院の空間〜私のコンセプト

チェアを見に訪れる患者さんもいるほど~ソファ・チェア

チェアやソファは北欧デンマークの巨匠/Hans・J・Wegnerの作品。木のぬくもりを感じさせてくれる座り心地で患者さんにも評判です。
また,受付前のイスは銘品The Chairの50年代ヴィンテージモノ.インテリア愛好家垂涎のマスターピースです.
北欧家具好きな方もよくおいでになります.家具好きな方も,お気軽においで下さい.
.

受付のイス(The Chair)をチョイスしてから待合室のインテリア・イメージを決めました。料理に合うワインのセレクトと同じでmariageが大切です。私の好きな空間にしたかったのです。

他人任せの医院設計では空間の何モノかが、院長の個性やポリシーと分離して違和感を生じますが,正に私の好む環境を具現化できました。




トップへ » 医院のこだわり » 一つのイスから始まった医院の空間〜私のコンセプト