トップへ » 医院のこだわり » 院長あいさつ » 皆さんに本物の歯科医療を評価して頂けるように努力します

皆さんに本物の歯科医療を評価して頂けるように努力します


残念ながら、ごく当たり前の教科書レベルの基本に則った歯科治療を丁寧に行うことが、現在の歯科界ではむしろ珍しい事になってしまいました。

*その悲惨な実態は私の院長ブログに色々ご報告していますのでお読み下さい。

これには歯科界の経営的な現実が大きく関与していると私は思います。
日本の保険医療制度は請求すれば原則的に歯科医院の口座に診療報酬が自動的に払い込まれるシステムです。そういったシステムの下,歯科医は経営上の要求性からも出来るだけ沢山治療をこなし沢山請求できるように努力する傾向は極めて強いはずです。

レセプト上には歯科医の技量や治療への配慮は基本的には反映されませんから,よほど悪質な行為でない限りはイイ加減な診療を日常的に行っても基本的には監督官庁にさえ解りません。

そういった健康保険の特性をよいことに歯科医の診療内容は効率重視で雑に成ってしまった現実は想像に難くありません。
そのような嘆かわしい現状にありながら歯科界内部から反省の言が出てこない事こそが,歯科界の現状を象徴していると私は思います。


平たく歯科医療の現状を表現すれば 「素人の患者には本当の歯科治療の内容など解らないのだから黙っていれば解らない。気にしないでどんどん請求件数を増やせば儲かる.」といった状況です.
さらに換言すれば「余計なことを言わなければ患者には何も解らないので悟られてまずいことは黙っていろ」ということです.


殆どの歯科医は10年以上の治療予後を確かめられないのが現状:

現在,首都圏の患者の多くは複数の歯科医院を治療ごとに転院し信頼できる1人の歯科医をホームドクターとして受診し続ける事が希です。
こういった状況下で無責任で無計画な歯科治療は増加しています.そして,こうした背景で歯科医も10年以上経過した自身が行った治療の予後すら知らない状況が生まれています.
こうして歯科医が治療に関する長期予後から反省する機会が無い状況が生まれています.
だからこそ尚更歯科治療に反省が無いのでしょう。

 cf. 幸い私は千葉県開業時代に10年以上の自身の症例予後を沢山観てきました。
また親が行った50年近く経った症例も観る機会に恵まれていました。


1人でも多くの方々に歯科治療に対する正しい認識を持って頂きたいと思います。歯科的知識と供に歯科医学の核心や歯科界の危険な実態を日常的に私は直に患者さんとお話し,ネット上ではブログやSNSを通じてご報告しています。

患者さん1人1人に正しい治療をご評価して頂けるようになれば真面目で丁寧に治療する歯科医が高く評価される事が世の中の常識になるはずです。


まずは目の前にいらっしゃる患者さん1人から丁寧に本物の治療をしてゆきます。
時間がかかるでしょうが、そうなれば必然的に歯科界も徐々に変わってゆくはずです。

全く地味な事ですが、こんな当たり前の事を実践しないから現在のような酷い歯科界になってしまったのです。

*最近、 歯科医院ブログを業者が作成しているケース も存在しています。こういった業者ゴーストライターが作成したブログも存在しますから、そういったモノを掲載する不誠実な歯科医院に騙されないようにご注意下さい。

*当オフィスのHPに掲載するコンテンツは全て院長自ら作成しています。よって院長自らのポリシーを反映しています。お読み頂ければ幸いです。   


トップへ » 医院のこだわり » 院長あいさつ » 皆さんに本物の歯科医療を評価して頂けるように努力します