トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療 » 精度ある補綴・修復物の装着は歯の寿命のためには必須です

精度ある補綴・修復物の装着は歯の寿命のためには必須です



当オフィスの典型的補綴臨床例:



大野白バック.jpg


 写真:左が術前, 写真右が術後の臨床写真です

;総合的な歯科治療で健全な口腔内に回復したことが解ります。
バランスの取れた歯科治療で本物の審美性が獲得されました。

歯周病治療や歯内療法治療とう蝕治療を終えて、上顎4前歯をセラモメタルクラウンを装着しました。このケースは技工所ラボで技工操作をマイクロスコープで精度高い過程を経て作製されています(当院ファーストライン技工が行われています)。

*この症例に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

 4前歯以外のう蝕治療は,最少限の侵襲で健全な歯質を残してコンポジットレジン充填で適切に修復しています。
この症例のように不必要な歯の切削を行わないで治療した事さえ他人に解らないように自然観ある修復が当オフィスでは可能です。  

*写真の色調の違いは撮影条件の違いによるものです。この症例は歯牙漂白など全く行っていません。



◎真の補綴・修復治療


敢えて言うならば、"真の補綴・修復治療は、目に見えない部分である痛んだ神経など歯根内の治療に関する歯内療法治療や歯の支持組織の治療である歯周病治療を徹底的に行った上で健康な口腔内組織を得た後に、施されることが重要です。


そして、歯内療法治療でどんなにスキル有る歯科医が治療しても必ず コロナルリーケージと呼ばれる歯冠部から根尖まで細菌が移動できる極く狭い間隙が必ず存在することが研究から解っています。

 この事実は今では世界的に歯科医の常識になっています。故に根管治療など歯内療法を行い根管充填された歯には精度高い補綴物を装着しこのコロナルリーケージを封鎖して再発リスクを低下させることが見識ある歯科医の常識です。

上↑の様な学問的根拠から

根管充填後には早期に補綴物の装着をするように患者さんへは御願いしています。 


コロナルリーケージの細菌侵入経路.jpg


コロナルリーケージと歯冠補綴.jpg


もちろん歯の形成(歯を削ること)や印象(型どり)も適切なモノでなければなりません。またその上で最終的に重要なことはレベルの高い歯科技工士により作製された精度が高い補綴・修復物を装着することです。

高いスキルの歯科技工士とのコンビネーションも補綴・修復治療には必要です。
当オフィスはこれらを実践しています。


単に歯を"白"くするだけでなく健康的な口腔内環境を得る総合的なバランスの良い治療が大切です。

精度の高い補綴・修復物を装着した健康な口腔内の獲得で美しい歯と美しい笑顔が映えます。
これが結果的にいわゆる"審美性を持った正しい補綴・修復治療"になります。
 


ー当オフィスの症例ー

cf.他院で受けた精度不良の補綴物で歯周組織が傷害を受けた症例 も比較して下さい。

歯の微妙なニュアンスも再現可能です

 全顎的治療も綺麗に治療出来ます。 



 当オフィスの本物の補綴治療をご希望の方はお問い合わせの上ご予約下さい。











トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療 » 精度ある補綴・修復物の装着は歯の寿命のためには必須です