トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療 » コンポジットレジン

コンポジットレジン

金属が目立つ歯は嫌だけどセラミックの歯は治療費が高価では......」コンポジットレジンによる治療はそんな方にオススメの治療方法です。
コンポジットレジンによるう蝕治療とはう蝕(虫歯)の部分を削った後にコンポジットレジンというペースト状の材料を充填してそれを強い光線で硬化させる歯質色の歯科用材料で充填する治療方法です。






*既存修復物(金属インレーやコンポジットレジンなど)を除去し新たに再治療する場合は修復物除去と感染歯質の完全な清掃除去には手間や技術を要するために自費治療(修復物種類により値段が異なります・表参照のこと)で行っています。比較的簡単なモノではレジンや他の充填材料で保険治療で行得る場合もありますが,自費治療が必要なケースでは治療前にご説明致します。

*:銀色の保険金属インレーを除去してコンポジットレジンによる歯質色のきれいな修復をご希望される方は自費治療(税抜き30,000円〜)で治療致します.


多くの方が3ミックスによるう蝕治療法(3MIX-mp法)をネット検索してこのHPにお越し頂いているようですが(我々はこの方法を否定している立場です)、
コンセンサスを得た科学的根拠がない3MiX-mp法によるう蝕治療は行っていません。 

注意:
当院周辺の歯科医院でも過去に沢山行われた形跡がありますが、幾人もの方が歯髄炎を治療後に起こして再治療に来院している極めて酷い治療方法です。

う蝕治療の基本は感染歯質を徹底的に除去することですが、敢えて感染歯質を残してその上に3種の抗生物質のミックス粉をのせて治療しようという不確実で常識外の治療方法です。
すなわち、科学的根拠が無い(誤った)治療法です。一部の先生方が自費治療で行っているようですが、多くの患者さんに再発が生じる障害が起きています。う蝕治療を真摯に勉強した歯科医の間では有名なエセ治療法ですからご注意下さい。


・・

巷の保険治療の金属インレーの酷い実態もお読み下さい(院長ブログより)

コンポジットレジン自体はかなり以前から使われていますが、かつての虫歯治療ではコンポジットレジンを噛む面に詰める方法では物理的強度が弱いため不適応とされ、高価な陶材(セラミックなど)や金合金による修復法を使っていました。
最近では適応症を選択すれば、ポジットレジンの物理的性質の向上により噛む面に応用して問題がなくなりました。
よって、印象が必要なく治療が即日完了しリーズナブルかつスピーディー
に自然観ある充填物が完成します。


コンポジットレジンには歯と色調が光学的に馴染む"カメレオン効果"があるため自然観ある修復物ができるようになり、これは特に前歯ではアドヴァンテージになると思います。
ただし、噛み合う歯の材質の種類や強度の問題で適応できない場合もあります。適切な材料をオススメしますので要相談です。

比較的小さい咬頭(咬む面の山の部分)を含まない詰め物や前歯の虫歯治療には大変にコストパフォーマンスが良く最適な治療法になる場合が多いと思います。
修復後、10年以上の長い期間を想定すると将来詰め替える必要性が出る可能性も前提に考えてください。しかし、詰め替えもできますので安心してください。


<コンポジットレジンの特徴:長所と短所>
・上手に治療すれば天然の歯と見分けがつかない
・前歯、奥歯共に使用できる
・1回の通院で治療を終了できる
・セラミック製の冠などより切削する歯質量が圧倒的に少ない。
・一般的インレーに比べ歯質の削除を最小限に抑えられる MI:minimal intervention可能 

・オールセラミクスや金合金と比べて安い
・詰める範囲が大きい時,咬頭を含む場合には向かない
(噛む面の1/3~1/2くらいの範囲なら可能)
 そのまま形成すれば冠など補綴修復物の土台(支台)になる
 → CR を充填してから支台として形成する処置を生活歯築造処置と当院では呼んでいます(治療費はCRのインレーに準じます)。  生活歯築造処置は、生活歯(神経を抜かない)のまま補綴・修復できる歯を長持ちさせる良い治療方法です。 
・咬耗(摩耗)したら、詰め替え可能。
・厳密な処置過程をとれば、充填部と歯質に隙間(leakage)は起きにくい耐久性と接着性も高い方法です。

<症例>
【治療前】
コンポジットレジン症例保険適応12%金銀パラジュウム合金によるインレーを除去して、コンポジットレジン充填にて修復した症例です。
(治療前)これは、保険の弊害を現した一典型例です。精度の悪い治療、適応金属の制限はありますが、良く見受けられる寿命を短くする治療(インレー充填)です。
【治療後】
コンポジットレジン症例02

第一大臼歯に綺麗にコンポジットレジンの充填が完了しました。これ以上大きな場合は、コンポジットレジン(CR)での修復は不適当です。

逆に最大このくらいの充填範囲まで可能です。また、このまま形成して冠を装着して安全な補綴修復を行うこともできます(=生活歯築造処置)。この頃、特に大臼歯部ではCR充填した後、歯を形成してセラモメタル・クラウンなどを装着する症例をよく治療しています。
CRの良いところは充填後に天然歯と同様に形成して支台歯にできることです。

向かって左の不適合充填物には大きな隙間があり、内部には大きな虫歯が存在しました後日、こちらも冠を装着しました。

*手間や配慮が必要な場合はコンポジットレジンによるう蝕の修復処置は、自費治療(自費治療費の表参照のこと)で行っています。 ご希望の方は予め,ご承知の上ご予約・ご来院下さい。


トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療 » コンポジットレジン