トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療 » インプラントを使わない歯周補綴治療 〜 インプラントが嫌な方おいで下さい

インプラントを使わない歯周補綴治療 〜 インプラントが嫌な方おいで下さい

進行した歯周病の徹底した治療が終わった後には補綴処置が必要なケースもあります。
こういった場合にはケースに応じて自分の歯を利用して適切な補綴処置をします。

ここで例に挙げるのはかなり進行した重度歯周炎の歯周病治療に伴う補綴治療の例です。
比較的軽い歯周病の治療後の補綴治療とは見かけ上も全く異なります(お間違えないように)。
 

 また欠損部には従来型の安全な可撤式の各種義歯を装着できます。最近では、局部床義歯などの補綴治療の話をしないで、高額治療を容易に得ようと執拗に人口歯根を埋入する治療方法をススメる歯科医が多いので騙されないようにしましょう! 

中等度〜重度に歯周病に罹患した歯は歯周病治療を終えても健全歯とは歯周支持組織の状況は歯根を歯槽骨や歯根膜などが支持する割合(支持する深さ/表面積など)が異なります。よって歯の動揺が増加しなおかつ歯と歯のコンタクト部が離開して食べ物も詰まり易く快適に食事さえ出来ない状況になります。そういった状況でより良く咀嚼出来るような工夫を歯周病学的視点で考慮して設計することが必要です。
こういった視点で行う補綴治療を「歯周補綴(治療)」と呼びます。 

歯周補綴にはその特徴的な臨床上の配慮が必要なので歯周病と補綴学の両分野の高い知識と臨床的治療のスキルが要求されます。安易に経験不足の歯科医が治療すると的確な治療が失敗する様な事もあり、それでは意味を成しません。 

我々のオフィスでは進行した歯周病ケースにはこのようなクロスアーチ・ブリッジ(フルブリッジ)のようなオーセンティックな歯周補綴を行っています(歯列不正等で支台になる歯の平行性が得られない症例では不可能な場合もあります:症例選択が重要な歯周補綴治療です)。

 昨今の戦略的に歯周病治療で保存可能な歯まで抜歯して無歯顎堤に人工歯根(インプラント)を埋入するような方法論を心配される患者さんには自身の歯を可能な限りしかも有髄歯のまま保存出来て高評価を得ています。
                             ↓                ↓                   ↓
   正にインプラント治療を歯科医の都合でファーストチョイスするようなタイプの歯科治療コンセプトに対するアンチテーゼです。

 我々は、天然の歯を極力保存してそれを補綴処置する事が最も道理にかなう生物学的な方法だと考えています。その次の段階の選択肢に人工歯根はあっても良いと思いますが、歯科医の都合で人工歯根を執拗に勧める風潮は間違った臨床姿勢だと信じて疑いません。


IK final restorations 2.jpg

重度歯周病の歯周補綴例:上顎をフルブリッジを装着して安定した状況を維持できるよう多くの支台歯(支える歯)を有髄歯の状態で保存出来ました。

 詳しくはこちらを参照して下さい。

この症例では、欠損部には局部床義歯(部分義歯)を使う事無しに口腔内の咬合のバランスと咀嚼運動を行えるように設計できました。

人工歯根によるのではなく、歯髄を極力保存した状態で上のように安定した咀嚼を行えるよう設計されています。何よりも有髄歯に補綴を装着できる安心感(耐久性と安定性)を評価できます。

 ◎人工歯根の欠点の一つに"噛み応え"を感じないことが挙げられます。天然の歯の周囲にある歯根膜線維には咬合圧を感知する受容器が存在して,これによって咀嚼による"噛み応え"を感じることが出来ます.人工歯根では"噛み応え"が感じられません。

咬合圧と受容体-1.jpg

この症例のように患者さんの歯を残すことで噛み応えがそのままに担保できます。
簡単に抜歯して人工歯根にしてしまう危険な歯科医を避けて、自分の歯を残しましょう!


トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療 » インプラントを使わない歯周補綴治療 〜 インプラントが嫌な方おいで下さい