トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療 » 歯周病治療のコンセプトはシンプル! 歯を抜きたくない方はおいで下さい

歯周病治療のコンセプトはシンプル! 歯を抜きたくない方はおいで下さい


実はシンプル。歯周病治療実は歯周病治療のコンセプトは非常にシンプル。細菌が原因で生じる疾患ですから原因となる細菌を徹底的に除去するだけで歯周病は大きく改善し治癒します。

原因菌は、歯周ポケット内の根面に付着した歯石上とその周辺に棲息しています。歯石は歯垢が唾液や血液からカルシウムを取り込み石のように石灰化したモノです。歯石表面はザラザラして表面積が大きいので細菌がそこに付着しやすく、そこが細菌(歯垢)の温床となります。
適切な歯周病治療で歯石を徹底的に除去しない限り悪循環が続き症状が進行します。

実はこの歯石除去が不完全では歯周病治療は成り立ちません。多くの歯科医院では歯石除去が出来ていないために歯周病が治りません。
→ 我々には歯石除去の手技(SRP)にトレーニングで培われた充分な技量が有ります.よって患者さんの歯周病を治癒に導く事が可能です。


 進行した歯周病で歯を抜きたくない方は、是非当院へおいで下さい。余裕を持った治療でより良い治癒へ導きます。


歯周病治療ではポケット内の歯石を除去することがすなわち細菌を除去することなのです。このように歯周病治療の基本は細菌を除去する原因除去療法です


具体的な治療法としては歯周ポケット内の歯石はスケーリング&ルート・プレーニング(SRP)と呼ばれる器具を使った治療方法で、根面に付着した歯石を徹底的に機械的に除去します。
とにかく、お口の中全体の歯をSRPします。


SRP.jpg


経度の歯周病を別にすれば,キュレットと呼ばれる手用器具(左の画像)で丁寧に手で治療(SRP)を行います。歯石を取り残さないように充分な治療を施すには熟練した技量と知識が必要でSRPには充分な治療時間も必要です。

途中で止めたら効果がありません,口腔内全体を治療できるよう少しの期間は頑張ってお通い下さい=口腔内を一様にキレイにすることが大切です.
 

当オフィスでは余裕有る診療時間の確保とスキルを持った体制で自信を持って日常的に歯周病治療を行っています。短時間診療体制の巷の多くの医院では徹底した歯周病治療は困難です。現在,治療に値する徹底したSRPをルーティンで行っている医院は誠に少ないのが現状です。 歯周病治療は是非,当院へお越し下さい.


◎歯周病でお悩みの方はまずは最後まで当院へ通いお口の中全体にSRP*を受けることが重要です。 途中で止めてはそれまで行った治療も無駄になります。歯周病を治したい方は歯周病治療のコンセプトを理解した上で頑張りましょう。

*SRPを徹底的に行い歯石や歯垢の除去を完全に行えば歯周病は治癒します。反対にSRPを充分に行わず、そのままメインテナンスに入るとポケット内の取り残された細菌が再び増えリバウンドします。臨床症状ではポケットの深化や出血の残存などが現れて明確に歯周炎の再発や残存と認識されます。 そうならないためにも充分お時間を頂いて細菌の除去(SRP)を徹底的に行い可能な限り完全な治癒に導きたいと考えます。

◎特に、進行した中等度〜重度歯周炎の治療には1アポイント・1〜2時間ほどの時間と労力や技術・知識に、その対価として自費治療費を頂きます。このように徹底して行う処置の価値が1回3万頂く根拠です(進んだ歯周病の場合、このような治療の対価として自費治療で御願いしています。)

徹底的にSRPをお口の中で行い、しばらく期間をおきチャート診査(歯茎の診査)をして以前(初診時)と比較し充分な治癒が得られなかった(ポケットが浅くならなかった、出血がある等の)部分は再SRPもしくは、歯周外科手術を行います。

<症例>
【治療前】
歯周病治療症例ここに示す症例は、降圧剤服用患者(40代女性)で、下顎前歯部の歯肉の腫脹を主訴に来院されました(SRPの効果を外見的に明瞭に示すために典型例として提示しました)。


一部の降圧剤(ニフェジピンなど)は副作用で歯周病があれば歯肉増殖症を生じます
【治療後】
歯周病治療症例02前歯部の腫脹のみならず、他の部分も含めてお口の中全体の歯周病が顕著に改善されました。引き締まって健康な状態となりました。

※この症例では、全顎SRPのみで改善されました

高血圧症でお薬(降圧剤)をお飲みの方は歯周病でなければ歯肉増殖症は防げますが、発症していなくても、一度検診においで下さい。






<基本的歯周外科のコンセプト>

SRPは、目に見えない歯周ポケット内で行われる手探りの治療ですから歯石の取り残しを起こすことがあります。術者の技量にも因りますが、特に5ミリ以上の深いポケットの場合は深さに応じて取り残す可能性は高くなります。
SRP後にポケット内に歯石が取り残されて充分な治癒が得られなかった際には、再度SRPをするかもしくは、外科的方法で明視下で直接術部を観て歯石を除去する必要があります。こういった時には歯周外科手術を行います。

●フラップ手術(Fop)は、基本的歯周外科手術の方法です。すなわち、歯肉を切開して、歯槽骨から剥離し、露出したポケット内・歯根面上の歯石を実際に目で見て丁寧に除去します。除去が終わると歯肉を元に戻し縫合します。原因が取り除かれた歯周組織はやがて治癒してゆきます。


歯周外科手術はこのように取り残した歯石などを歯肉を歯槽骨から剥離して直接目で見える状況で除去するために行う治療です。   

逆に,SRPで充分治癒に導けた際には歯周外科手術は必要ありません。よって歯科医の技量があるほど歯周外科手術の機会も減る傾向にあります。 






<成人歯科矯正は歯周病治療が済んでからお受け下さい>

コレは重要!!
 
昨今、成人歯科矯正が盛んに行われていますが不見識な矯正医によって
歯周病のまま歯を動かして歯周病を悪化させたり不用意に顕著に骨吸収をさせてしまう事例が私のオフィスに来院された患者さんにも起きていました。

不見識な矯正医にだまされないように!
まずは成人矯正治療前に歯周病治療をお受け下さい。また動的治療中や保定期の歯周病ケアも承ります。 


















トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療 » 歯周病治療のコンセプトはシンプル! 歯を抜きたくない方はおいで下さい