トップへ » 初めての方へ » 予防歯科 » 知っていますか?磨き方~ブラッシング指導

知っていますか?磨き方~ブラッシング指導

知っていますか?磨き方~ブラッシング指導
元々、虫歯や歯周病の原因はブラッシング不足や不適切な清掃です。すなわち歯茎に細菌の塊である歯垢(プラーク)が残るので発症します。

歯科医院で行う予防処置や治療だけでは歯を守ることはできません。
日常的なオーラルケアが必須です。
"磨いている"と"磨けている"には大きな差があります。しっかり磨いているつもりでも歯と歯の間奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が頻繁にみられます。


下の画像は毎日よく歯ブラシをしていると主張されていた50代男性の歯垢染色の結果です。
赤く染まっているところが歯垢の磨き残しです。歯垢は歯頸部に特に沢山残っているので、歯頸部にブラシが当たっていなかった事が解ります。
歯の大きな表面はだいたい磨けていますが歯頸部に取り残しがあることから、いい加減に歯ブラシを横磨きしていたことがわかります。
→ この方には,歯頸部にも歯ブラシが充分に当たるような磨き方を指導致しました。

歯垢染色例.jpg
この方の歯頸部はこの時点で初期のう蝕様の少し進行した白斑が見られたことから、歯のクリーニングと供にフッ素塗布を定期的に行うことにしました。
ブログ記事はこちら

当オフィスでは患者さんのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。歯ブラシはもとより必要に応じて歯間ブラシやフロスなどもご指導いたします。
正に、テイラーメイドのオーラルケアです。
口腔ケアの指導は、保険/自費を問わず歯周病治療の基本的内容です。


*保険治療で歯周病や虫歯治療の一貫でブラッシング指導を行っていますが、ブラッシング指導のみを別個にご希望の方には自費算定で1回5,000円〜でも行っています。 特に,お子さんの健康管理にも是非ご利用下さい。


トップへ » 初めての方へ » 予防歯科 » 知っていますか?磨き方~ブラッシング指導