トップへ » 初めての方へ » 予防歯科 » 虫歯に負けない強い歯を作る~定期的なフッ素ジェル塗布

虫歯に負けない強い歯を作る~定期的なフッ素ジェル塗布

歯に耐酸性を与えることで知られる「フッ素」を歯に塗布するう蝕(虫歯)予防法です。

世界中の専門医や臨床医が長い間使用している予防方法で、安全性や臨床効果の評価が最も高い安心できる予防方法ですから、安心してお受け下さい。 

具体的には フッ素含有ジェルの歯への塗布で、エナメル質に取り込まれてエナメル質の結晶であるハイドロキシアパタイトはフルオロハイドロキシアパタイトというより丈夫な結晶に変化してう蝕をつくる菌の出す酸に歯が溶け(脱灰され)ないように守ります。

また、歯周病治療後に露出した根面にはう蝕が生じやすい傾向があります。これを根面う蝕と呼びますが、 根面う蝕になり易い部分にも定期的(メンテナンス時)にフッ素ジェルを塗布して歯周病治療後の根面う蝕を予防することも有ります。


*小さいお子さんのう蝕予防には特にオススメいたします。定期的にフッ素ジェルを塗布するために検診を兼ねてお通い下さい。
永久歯は放出直後が、エナメル質にフッ素が充分に取り込まれていないため耐酸性の結晶が少なく、一番う蝕になり易い時期です。
できるだけ早期から定期的にフッ素ジェルを塗布して、う蝕にならないように予防しましょう!

もちろん、子供だけではなくオトナや高齢の根面う蝕の出来やすい方にもう蝕予防の効果がありますので定期検査をした時には必須です。 
 

*最近,フッ素の毒性が語られることがありますが内服ではない歯科用のフッ素塗布程度では人体へ悪い影響はありません。世界的に安全性が確認されたレベルですからフッ素塗布をお子さんでも安心してお受け下さい。
cf.主に飲料水からフッ素が摂取され続けると歯の形成質不全(斑状歯)等が生じる事が解っています。よって,日本では上水道にはフッ素は添加されていません。




 ◎ 詳しくは、当院へお尋ね下さい。


















トップへ » 初めての方へ » 予防歯科 » 虫歯に負けない強い歯を作る~定期的なフッ素ジェル塗布