トップへ » 初めての方へ » 虫歯治療のこだわり » ラバーダム防湿法は根管治療では必須!:ラバーダムすら使わない歯科医は危険ですから受診するな

ラバーダム防湿法は根管治療では必須!:ラバーダムすら使わない歯科医は危険ですから受診するな

無菌的な状態で行う歯根治療(歯内療法)はラバーダムを使った丁寧な治療歯髄腔(歯の神経の入っている空間)は体内ですから元々細菌が存在しない綺麗な環境です。歯髄治療である"歯内療法"の根管治療では標準的な医科外科手術と同レベルで高い滅菌性の確保が感染根管でも必要です。
世界中の歯内療法学の教科書にはラバーダム防湿法下で歯内療法の根管治療を行うことは最重要項目として最初に挙げられています.

日本では歯科保険治療システムの欠点で臨床家が保険請求ではラバーダム使用の有無で点数が変わらないためにラバーダム自体使わない歯内療法が常態化していますが、
 そもそも歯内療法の根管治療はラバーダム防湿下でしか行ってはいけない治療ですこれは世界の常識です.


  術部への細菌の進入を防ぎ,術部とその周辺を口腔内環境から隔絶して清潔な環境を作る治療方法です。

さらにリーマーやファイルの誤嚥と 根管充填材を焼き切る際のヤケドも防止する安全対策のためにも必須な方法です。→使わないと非常に危険です!

巷の歯科医院の9割程がラバーダムを使用しないと言われていますが、アナタの通院する歯科医院はラバーダムを使用していますか?

巷の馬鹿で危険な歯科医(およそ9割)は経費がかかるような言い訳を語るそうですが全くのウソです〜騙されないように!

ラバーダムシートは僅か1枚50円以下です!

世界的常識のラバーダムも使わない治療安全性すら徹底しないで歯科治療を続ける日本の歯科臨床は狂気です!?

ラバーダム.JPG

下顎大臼歯の感染根管の治療中:術野には唾液の混入などの汚染を完全に防止できます。
ラバーダム防湿法は予後の良い治療に必須な世界標準の処置条件です。

根管治療でラバーダムを使わない治療は危険ですから絶対に受けないように!

医療過誤の際には、ラバーダムを使わないで歯内療法を行うことは重大な法的過失事項です*   
日本でも年間沢山のリーマーファイルの誤嚥やヤケドが起きています。ただ歯科医師会などから漏れて一般の患者さんには聞こえてこないだけで,潜在的にかなり起きています。


そのような馬鹿な歯科医師がいる医院へは危険ですから絶対に受診しないように!

アナタもラバーダムさえ使わない危険な歯科医院を避け,自分の身は自分で守りましょう!


術中の滅菌性を維持するためには、更にそれと共に滅菌性の確実な器具を使用することの両方が揃って、必要条件が整います。

* 最近、患者さんへアピールする手段として間違った基準や方法でラバーダムをカタチだけ使用し滅菌性の重要な条件を忘れる・治療の根本を無視している歯科医もいるので気を付けて下さい。

当オフィスではラバーダム防湿法のみならずオールラウンドで厳格な基準で保険/自費治療の区別なく歯内療法を行います。この点はご安心下さい。

ラバーダム防湿法による治療なら是非当院へ!


無菌的な状態で行う神経の治療~ラバーダムを使った丁寧な治療2ラバーダムを完全に正しく装着するには時には手間がかかるだけではなく、ちょっとした工夫や技術も必要です。歯内療法治療では自費・保険治療の区別無く、必ずラバーダム防湿法を使用します。おかげで良い予後が得られています。





 ////////////////////  修復治療にも  //////////////////////

◎う蝕治療でも必要な際には使用しています。

根管治療の時のような根管への感染防御のためではなく歯質と修復材との接着性を得るためにドライで綺麗な環境確保に使用する事があります。
特に,下顎臼歯部で唾液コントロールが困難な際には有効です。

*ただし、器具の挿入具合などの理由でラバーダムを使えない場合には他の防湿方法で行っています。

 最近ニーズが高まったセラミックス・ハイブリッドセラミックス系インレーの合着時に使用するレジン系セメントには完全な防湿と表面処理のステップワイズの処置が重要になります。その際接着面が汚染される可能性がある際にもラバーダム防湿を使用しています(汚染されない場合には使用しません)。術後疼痛を誘発するマイクロリーケージを防ぐためには有効な方法です。

25826210.jpg
金属インレーやコンポジットレジン下に虫歯ができたモノの充填し直しをした症例(処置前)

ラバーダム防湿法で術野が唾液や血液に汚染されることなくボンディング剤の接着性が発揮されたコンポジットレジン充填、これで良い予後が期待できる。(処置後)
接着が不完全では,後に歯質とコンポジットレジンの間に隙間が生じ細菌の侵入を許します。つまり歯の寿命を縮めるリスクが高くなります。

このように修復治療でも歯内療法ほどの絶対的必要性はありませんが唾液が接着面を汚染する可能性を回避するために使う事があります。
*コンポジットレジンなど修復処置(虫歯の詰め物)では隔壁などの器具装着の都合上ラバーダム防湿法が使用できない状態もあります。この場合は他の簡易防湿法で行います。


トップへ » 初めての方へ » 虫歯治療のこだわり » ラバーダム防湿法は根管治療では必須!:ラバーダムすら使わない歯科医は危険ですから受診するな