トップへ » 初めての方へ » 虫歯治療のこだわり » 「マイクロスコープ」による精密なう蝕治療・歯内療法

「マイクロスコープ」による精密なう蝕治療・歯内療法

「マイクロスコープ」による、精密な虫歯治療マイクロスコープとは:一般的にマイクロスコープとは顕微鏡のことですが、ここでいうマイクロスコープは医師が外科手術で使用している専用の顕微鏡のことです。
最近では歯科治療でも使用されるようになってきました。

これは微生物や病理標本を観る顕微鏡ではなく、ピンポイントで数倍〜数十倍に拡大して治療に使用する装置のことです。

歯科臨床では、歯の細かい部分を拡大して確認できます.今までの肉眼での治療では発見し難かった微少なモノの判別.例えば歯内療法(歯の神経の治療)では歯髄の入っていた狭窄した微細な根管口(歯髄の入り口)の確認や、逆根管充填では根尖孔(根の尖端にある歯髄入り口)とその形態まで容易に確認できるようになります。
これにより外科的歯内療法治療の臨床成績も向上します。


このように、歯の微少環境での確認・診断能力が大幅に向上し確実な治療が可能になります。


歯質へ拡大した感染歯質の除去や細菌の進入を防ぐための処置が正確に可能になるので、大切な歯の保存には最高の戦力となります。マイクロスコープは微少環境でのピンポイントの治療で意味を持ちます。

具体的には、歯内療法の逆根管充填、破折リーマーファイルの除去、根管口の確認等などで必要に応じて使用することがあります。

また、キートゥース(補綴設計などの可否に関わる重要な歯)保存のための治療では感染を見逃さないように最高の戦力となり得ます。

一般の歯牙形成や切削等では拡大率2〜3倍程度のルーペ付きグラス下で行います。これは器具尖端から全体が充分に視野に入り治療が円滑に行えるからです。このように私たちは拡大装置の合理的で妥当な使い分けをしていますのでご了承下さい。 

すなわち,マイクロスコープを使って臨床的に意味がある治療はある程度限られます。


もし、マイクロスコープを使った歯内療法などご希望でしたらご来院の際ご相談ください。

患者さんがご希望になっても通常使用を必要としない処置や使うことに意味を持たない場合にはご希望に充分に添えない事もありますので、予めご承知下さい。


*マイクロスコープを使った歯科治療は現在、保険の対象外(自費負担)で自費治療で必要がある際に使用することがあります。来院時、お尋ね下さい。


トップへ » 初めての方へ » 虫歯治療のこだわり » 「マイクロスコープ」による精密なう蝕治療・歯内療法