トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療

健全な歯質を害するためホワイトニング(歯牙漂白)は行いません


歯科保健の本筋から逸脱して患者さんが認識を誤らないように啓蒙しています。



現在,日本社会では公人や専門家でさえも責任を取りません.保身や利権目的で傷害的行為さえ詭弁的に正当化して実態は隠蔽し続けられるような無責任で恐ろしい社会に日本は成り下がり下がっています・すなわち国民が信用して頼る場所さえない社会状勢に本国は陥っています。

雑なう蝕治療・ラバーダムすら使わない危険な歯内療法・歯周病治療さえしないで行われる禁忌症と言えるインプラント治療、どんなに治療費を払っても健康が得られない歯科治療が歯科界には沢山散見されます... よって歯科界も信用出来ない業界という点では他の社会同様で例外ではありません 。
我々はもちろん自然観のある審美性に優れた治療を常に心がけています。これは当たり前で敢えてナゼ "審美歯科" などという別物のような名称を付けて認識が低い患者にも好まれるトレンドにすり寄って迎合的な姿勢をとるのか不思議ですが、極論ではただ患者に迎合して商売をする歯科医の営利主義の強い姿勢が感じられます。

当オフィスは本来の歯科保健から逸脱しないようにバランスを取りながらも患者さん本位の視点で治療しています.巷の歯科医院との1番の違いがその視点の差です.

健全な歯質を害するためホワイトニング(歯牙漂白)は一切行っておりません 
そもそも歯科治療の本質を理解した知的な大人はホワイトニングなど希望しません

本当のことを知って下さい :

ホワイトニングが歯に傷害を与えると理解する知的な患者さんも以前より増えてきました.しかし未だにその実態を知らない健康観が低い残念な方々も沢山います. 

知った上で他院で加療をお受けになりたいと考える方は個人の責任ですから結構ですが、本当の事を知って頂きたいと思います.

歯科医院で歯牙漂白を行っている先生は治療費を得るためですから本当の事,都合の悪い事実はを一切説明しません。
患者さんは自身の健康のために儲け至上主義の認識が低い歯科医に騙されないよう歯科保健を高いレベルで理解する必要があります。 

◎最近のCFから:

「食事中に歯の表面脱灰で口腔内唾液中へ拡散したカルシウムが食後しばらくすると再び唾液中のカルシウムが歯の表面へ戻り再石灰化することと、表面の結晶を破壊するので食後直ぐにブラッシングしないで再石灰化した後にブラッシングしましょう」といった極めて科学的な知識を啓蒙し始めています。 

こういった科学的根拠のある事実を知りながら、一方では不必要に歯の表面を歯牙漂白のために化学的に脱灰するのは大きな矛盾です。
これを読んだアナタは正しく科学的根拠を知って歯の健康を保ちましょう。

よく業界で耳にするコトですが漂白状態が"後戻り現象"で、また色がくすんでしまうので幾回も漂白を希望して繰り返し患者さんが来院します。

もちろんエナメル質を脱灰すれば、表面脱灰後の粗造化した表面への色素の侵入が起きるのは当然で,こうして再度白くしようとホワイトニングの繰り返しが必然的に生じます。むしろ、こういった悪循環で定期的に再来院することを歯科医は狙っています。

  エナメル質の表面に付着する通常のステインは研磨ペーストを使い磨けば(PMTCで)除去できます。それなのにその程度のステインまで化学的に表面脱灰させて歯質表層を崩壊させてまで除去するのは馬鹿げた行為です。
しかも日本人には違和感のあるほどの真っ白な漂白を希望するのは健康観の問題以前に無知過ぎます。

幾回も漂白する患者さんは無知で正しく啓蒙できない歯科医と歯科界が本当に馬鹿過ぎます.


真っ当な歯科保健を理解して、皆さんには本当の歯科治療を受けに来院して頂きたいと思います。


審美歯科・ホワイトニング・インプラントを看板に掲げる安易で営利主義の欠点を知りましょう!

こんな営利主義的な歯科医院に騙されないで、真っ当な姿勢を感じる歯科医院へ受診して下さい。

健康的な歯と歯周組織で笑顔が映える~補綴・修復治療



健康的な歯と歯周組織で笑顔が映える~自然観を考慮した修復方法

「笑うと奥歯の変色した金属が見えて気になる」「笑顔に自信を持ちたい」という悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

このコンテンツでは、当院で行っている自然観ある補綴・修復の治療方法の種類についてご紹介いたします。

<当院の補綴・修復方法>
美しく自然な機能的にも優れた歯を入れることが、補綴・修復の目的
コンポジットレジン
オールセラミックス・ダイレクトクラウン(3M)
メタルボンドクラウン
セラミックインレー
ラミネートベニア




*保険の雑な治療の金属インレーの下は腐っていました。このように感染歯質を残した例は患者さんの口の中には良く見かけます。
インレーと窩洞2.jpg


街の歯科医院で平気で行われている危険な保険治療の金属インレーの 雑な治療実態を知って安易に認識の低い歯科医の治療を受けないようにして下さい。






歯科治療と美容を混同しないように:審美歯科・ホワイトニング・インプラント?

最近、 審美歯科・ホワイトニング・インプラントの3つを医院HPに目立つように宣伝する歯科医院が一般的に多いと思います。
一般の業界と同様に経営的側面ではこれ等は正解です。正にこういったモノで歯科界では稼ごうとしています.

初診患者さんで「歯医者さんも審美歯科とか歯をキレイにして云々とかいう先生ばかりでしょ嫌だったのでHPを観てきました」といったことを来院動機としておっしゃる方がいます。


こういった患者さんの知的勘の通り 歯科界は正にそのような安易な迎合商法で成り立っています。


そしてHP一つにしても歯科医院や院長のポリシーが現れることを知って見識が高い良い歯科医を選ぼうとする知的患者さんが増えています。

 そういった知的判断ができる方々は"審美歯科"等と大きく宣伝するエステと見間違えるような保健医療機関らしくない思惑がある歯科医院の怪しさを感じているようです。 

  インターネット・リテラシーの高いフォロワーの来院も増えています。

歯科医院選択に迷った方はおいで下さい。


結局、年月を経てから何らかの問題が生じてそういった歯科医療の間違いに気づくことだろうと思います。

「審美歯科」という言葉は、世間でエステが一般化して以来の更にスター美容家まで出現し現在では一日中TVCFで美容整形外科のイケメン医師が「好きな言葉は情熱です」などと美容整形があたかも日常的なものという印象操作を洗脳するに至っています。大変に日本の精神文化の歪みを感じます。
審美歯科という言葉には,このように美容整形ですらハードルが低くなった昨今の美容崇拝志向が作り出してしまった造語的な語感が強いと思います。

この言葉がひとり歩きして歯科保健から解離して間違った方向へ向かっていると私は思っています。実に軽く医療らしくない歪んだ語感なので我々はオフィスでは使用しません。

もちろん、日本の大学には、元々そういった名称の正式な学問分野はありません。  

/////////////////////////////////////////////////


◎要注意! :
最近CAD/CAM 冠が一部保険診療の対象になったことにより昨今歯科業界では保険・自費を問わずこういったコンピュータを介して作製された補綴冠で治療する方法が流行りつつあります。

 業者も歯科医もこれをいわゆる審美歯科治療のネタにして稼ごうという方々が増えたようです。

比較的新しい修復学(補綴学)の方法論ですが、それを取り入れる事自体は良いことです。しかし基本となる知識や歯科医側の認識が追いついていない点と治療費を得ようとするいかがわしい焦りから不完全な治療や間違った処置によって装着後に破折する事例が散見されます。

当オフィスにも新素材のジルコニア冠などが破折して転院して来る患者さんが複数名いらっしゃいました。

・咬合面の削除量が極端に少ない状態で不完全な接着処置で咬合圧によりセメント層が崩壊して破折に繋がったといえます。

・そして歯軋りや食いしばりのような口腔悪習癖のある禁忌症の患者さんの臼歯部にオールセラミックスやジルコニアクラウンを装着してしまうことで破折する事故も起きています。口腔悪習癖がある方へのこのような補綴物の装着は"禁忌症"です。

このように適応症や症例の条件を丁寧に見極める慎重さが臨床医に欠如している現状では患者さんに迷惑を掛けることがあります。

一部の患者さんにはこういった新しい方法を宣伝する歯科医院が先進医療が出来る良い医院だとの認識を持つ方がいるようです。
しかし医院の見識や診療姿勢といった根本的な部分が全てに先行し最も大切です。

先日来院されたある患者さんも前医が待合室にCAD/CAM作製マシーンが置かれている歯科医院だったようですが、結果的に冠が直ぐに破折して当院へ転院して来られました。

その医院はHPで宣伝して待合室にまでわざと機械を置いて患者にアピールしてCAD/CAMで作製する補綴物を勧めていたようです。


このように,せっかくの新しい歯科技術も認識の低い歯科医によって方法論自体の世間での評価を不用意に下げてしまう事があれば大変に残念です。

当院ではこうした新素材を使用した治療方法に対しても慎重に対応し処置していますので安心してお任せ下さい。 

また、巷では多くの患者さんに勧めてどういう根拠で健全歯を形成してまで冠を装着したのか不思議な例も多く見られます。これ等は患者の意向より先に歯科医の都合(自費獲得の思惑)が優先している可能性を懸念します。 


      極論では、歯科治療の成功は担当歯科医の見識に依存します。
    アナタにとって安全で良い歯科医院を見つけて受診しましょう!

/////////////////////////////////////////////

精度ある補綴・修復物の装着は歯の寿命のためには必須です



当オフィスの典型的補綴臨床例:



大野白バック.jpg


 写真:左が術前, 写真右が術後の臨床写真です

;総合的な歯科治療で健全な口腔内に回復したことが解ります。
バランスの取れた歯科治療で本物の審美性が獲得されました。

歯周病治療や歯内療法治療とう蝕治療を終えて、上顎4前歯をセラモメタルクラウンを装着しました。このケースは技工所ラボで技工操作をマイクロスコープで精度高い過程を経て作製されています(当院ファーストライン技工が行われています)。

*この症例に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

 4前歯以外のう蝕治療は,最少限の侵襲で健全な歯質を残してコンポジットレジン充填で適切に修復しています。
この症例のように不必要な歯の切削を行わないで治療した事さえ他人に解らないように自然観ある修復が当オフィスでは可能です。  

*写真の色調の違いは撮影条件の違いによるものです。この症例は歯牙漂白など全く行っていません。



◎真の補綴・修復治療


敢えて言うならば、"真の補綴・修復治療は、目に見えない部分である痛んだ神経など歯根内の治療に関する歯内療法治療や歯の支持組織の治療である歯周病治療を徹底的に行った上で健康な口腔内組織を得た後に、施されることが重要です。


そして、歯内療法治療でどんなにスキル有る歯科医が治療しても必ず コロナルリーケージと呼ばれる歯冠部から根尖まで細菌が移動できる極く狭い間隙が必ず存在することが研究から解っています。

 この事実は今では世界的に歯科医の常識になっています。故に根管治療など歯内療法を行い根管充填された歯には精度高い補綴物を装着しこのコロナルリーケージを封鎖して再発リスクを低下させることが見識ある歯科医の常識です。

上↑の様な学問的根拠から

根管充填後には早期に補綴物の装着をするように患者さんへは御願いしています。 


コロナルリーケージの細菌侵入経路.jpg


コロナルリーケージと歯冠補綴.jpg


もちろん歯の形成(歯を削ること)や印象(型どり)も適切なモノでなければなりません。またその上で最終的に重要なことはレベルの高い歯科技工士により作製された精度が高い補綴・修復物を装着することです。

高いスキルの歯科技工士とのコンビネーションも補綴・修復治療には必要です。
当オフィスはこれらを実践しています。


単に歯を"白"くするだけでなく健康的な口腔内環境を得る総合的なバランスの良い治療が大切です。

精度の高い補綴・修復物を装着した健康な口腔内の獲得で美しい歯と美しい笑顔が映えます。
これが結果的にいわゆる"審美性を持った正しい補綴・修復治療"になります。
 


ー当オフィスの症例ー

cf.他院で受けた精度不良の補綴物で歯周組織が傷害を受けた症例 も比較して下さい。

歯の微妙なニュアンスも再現可能です

 全顎的治療も綺麗に治療出来ます。 



 当オフィスの本物の補綴治療をご希望の方はお問い合わせの上ご予約下さい。










コンポジットレジン

金属が目立つ歯は嫌だけどセラミックの歯は治療費が高価では......」コンポジットレジンによる治療はそんな方にオススメの治療方法です。
コンポジットレジンによるう蝕治療とはう蝕(虫歯)の部分を削った後にコンポジットレジンというペースト状の材料を充填してそれを強い光線で硬化させる歯質色の歯科用材料で充填する治療方法です。






*既存修復物(金属インレーやコンポジットレジンなど)を除去し新たに再治療する場合は修復物除去と感染歯質の完全な清掃除去には手間や技術を要するために自費治療(修復物種類により値段が異なります・表参照のこと)で行っています。比較的簡単なモノではレジンや他の充填材料で保険治療で行得る場合もありますが,自費治療が必要なケースでは治療前にご説明致します。

*:銀色の保険金属インレーを除去してコンポジットレジンによる歯質色のきれいな修復をご希望される方は自費治療(税抜き30,000円〜)で治療致します.


多くの方が3ミックスによるう蝕治療法(3MIX-mp法)をネット検索してこのHPにお越し頂いているようですが(我々はこの方法を否定している立場です)、
コンセンサスを得た科学的根拠がない3MiX-mp法によるう蝕治療は行っていません。 

注意:
当院周辺の歯科医院でも過去に沢山行われた形跡がありますが、幾人もの方が歯髄炎を治療後に起こして再治療に来院している極めて酷い治療方法です。

う蝕治療の基本は感染歯質を徹底的に除去することですが、敢えて感染歯質を残してその上に3種の抗生物質のミックス粉をのせて治療しようという不確実で常識外の治療方法です。
すなわち、科学的根拠が無い(誤った)治療法です。一部の先生方が自費治療で行っているようですが、多くの患者さんに再発が生じる障害が起きています。う蝕治療を真摯に勉強した歯科医の間では有名なエセ治療法ですからご注意下さい。


・・

巷の保険治療の金属インレーの酷い実態もお読み下さい(院長ブログより)

コンポジットレジン自体はかなり以前から使われていますが、かつての虫歯治療ではコンポジットレジンを噛む面に詰める方法では物理的強度が弱いため不適応とされ、高価な陶材(セラミックなど)や金合金による修復法を使っていました。
最近では適応症を選択すれば、ポジットレジンの物理的性質の向上により噛む面に応用して問題がなくなりました。
よって、印象が必要なく治療が即日完了しリーズナブルかつスピーディー
に自然観ある充填物が完成します。


コンポジットレジンには歯と色調が光学的に馴染む"カメレオン効果"があるため自然観ある修復物ができるようになり、これは特に前歯ではアドヴァンテージになると思います。
ただし、噛み合う歯の材質の種類や強度の問題で適応できない場合もあります。適切な材料をオススメしますので要相談です。

比較的小さい咬頭(咬む面の山の部分)を含まない詰め物や前歯の虫歯治療には大変にコストパフォーマンスが良く最適な治療法になる場合が多いと思います。
修復後、10年以上の長い期間を想定すると将来詰め替える必要性が出る可能性も前提に考えてください。しかし、詰め替えもできますので安心してください。


<コンポジットレジンの特徴:長所と短所>
・上手に治療すれば天然の歯と見分けがつかない
・前歯、奥歯共に使用できる
・1回の通院で治療を終了できる
・セラミック製の冠などより切削する歯質量が圧倒的に少ない。
・一般的インレーに比べ歯質の削除を最小限に抑えられる MI:minimal intervention可能 

・オールセラミクスや金合金と比べて安い
・詰める範囲が大きい時,咬頭を含む場合には向かない
(噛む面の1/3~1/2くらいの範囲なら可能)
 そのまま形成すれば冠など補綴修復物の土台(支台)になる
 → CR を充填してから支台として形成する処置を生活歯築造処置と当院では呼んでいます(治療費はCRのインレーに準じます)。
  生活歯築造処置は、生活歯(神経を抜かない)のまま補綴・修復できる歯を長持ちさせる良い治療方法です。 
・咬耗(摩耗)したら、詰め替え可能。
・厳密な処置過程をとれば、充填部と歯質に隙間(leakage)は起きにくい耐久性と接着性も高い方法です。

<症例>
【治療前】
コンポジットレジン症例保険適応12%金銀パラジュウム合金によるインレーを除去して、コンポジットレジン充填にて修復した症例です。
(治療前)これは、保険の弊害を現した一典型例です。精度の悪い治療、適応金属の制限はありますが、良く見受けられる寿命を短くする治療(インレー充填)です。
【治療後】
コンポジットレジン症例02

第一大臼歯に綺麗にコンポジットレジンの充填が完了しました。これ以上大きな場合は、コンポジットレジン(CR)での修復は不適当です。

逆に最大このくらいの充填範囲まで可能です。また、このまま形成して冠を装着して安全な補綴修復を行うこともできます(=生活歯築造処置)。この頃、特に大臼歯部ではCR充填した後、歯を形成してセラモメタル・クラウンなどを装着する症例をよく治療しています。
CRの良いところは充填後に天然歯と同様に形成して支台歯にできることです。

向かって左の不適合充填物には大きな隙間があり、内部には大きな虫歯が存在しました後日、こちらも冠を装着しました。

*手間や配慮が必要な場合はコンポジットレジンによるう蝕の修復処置は、自費治療(自費治療費の表参照のこと)で行っています。 ご希望の方は予め,ご承知の上ご予約・ご来院下さい。

オールセラミックス・ジルコニアクラウン

オールセラミック・ジルコニアクラウン白く透明感のあるセラミック(陶材)やジルコニアを使用したかぶせものです。


内部に金属を一切使用していないため、歯の自然な色合いが表現されます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯ぐきが下がっても、冠の継ぎ目に独特の歯肉に沿った黒いすじが見えないといった特徴もあります。主に目立ちやすい前歯に使用することで、自然観のある美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの方も心配内安全な治療法です。

ただし、歯軋りや食いしばりなどのクセがある患者さんには破折のリスクが高いため不向きな治療法(補綴物)です。他の自然観を表現できる治療法を選択します。

オールセラミックスやジルコニアクラウンのような金属の下地が無いタイプが強度的に難しい場合には、金属の下地がある通常のタイプの補綴物をオススメします。

<オールセラミックの特徴>
・自然観ある美しい歯を手に入れられる
・一定の制限がありますが、歯並びやかみ合わせの改善にも利用が可
・金属を使用しないため、歯茎の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


1日で白い歯で話題の 3Mダイレクトクラウン で治療出来ます


白い歯と銀歯2.jpg

*ダイレクトクラウンの解説はTooth! Navi!をお読み下さい。


安価に金属の歯をハイブリッドセラミックスクラウンに交換出来ます。
時間的経済的な問題を解決する新しい治療方法です。
 

保険治療で装着された金属冠(銀歯)の治療し直しにはコスパが高く良い選択になるかも知れません。 
また,緊急性を要する場合にも良い治療方法になり得ます。

小臼歯が30,000円(税抜き)・大臼歯が35,000円です。

          

適応症と非適応症もあります。
印象して技工所で作製されるクラウンなど従来の方法との特性の違いもございます。
詳しくはご来院頂き診察をした上でご説明・ご相談致します。


メタルボンドクラウン(=セラモメタルクラウン)

メタルボンドクラウン(=セラモメタルクラウン)金属でできた冠へ、七宝焼きのようにセラミックを焼き付け覆った綺麗な冠です。

金属部分は極力目立たないようにできるので見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。

また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"陶材"でできているためメタルボンドに比べると割れやすい場合もあります)。当院では患者さんに合わせて適切な素材をオススメしております。

<メタルボンドの特徴>
・表面硬度が高く摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・オールセラミック程の透明感が得られない場合もありますが、スキルのある技工士なら、むしろ患者さんの天然歯に近いリアルなキャラクタリぜーション(色調)の表現が可能

<症例>
【治療前】
セラモメタルクラウン症例この患者さんは、年齢28歳のOLで、会社でつまずいて右側中切歯を折ってしまったそうです。電話を頂いてからすぐに来院されました。

【治療後】
セラモメタルクラウン症例02色調がみごと調和している点に注目して下さい。歯ぐきが健康だったので、数回の治療で見事に装着できました。

当院担当技工士青木氏による仕事です。
当院の前歯を補綴した典型例と考えて下さい。大変精度も高い仕事をしていますので、歯の寿命を縮めること無く長く自然観ある歯を使って頂けます。

◎ 当院のポーセレン(セラミック)やジルコニアクラウン等の仕事、全顎に渡る大きな規模の技工は原則的にベテラン技工士により作製されています。詳しくはこのブログを参照して下さい。

セラミックインレー/ ハイブリッドセラミックスインレー

セラミックインレー(アンレー)「セラミックインレー(アンレー)」とは、セラミック製の歯に詰めるための修復物です。

従来の「金属修復物では、目立ってしまうことに加え、体質によっては金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、歯質色で透明感のあるセラミック製修復物を金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

レジン樹脂にセラミックスフィラーを配合した素材をハイブリッドセラミックスと呼びます。この素材はセラミックスに比べ軟らかい特性があるために噛み合う歯を痛めない性質や噛み合わせが強めの時には破折しづらい特性があります。
患者さんの症例によってハイブリッドセラミックスが適する場合にはこちらの素材を選択しています。

*ハイブリッドセラミックスはインレーの他、通常の冠(クラウン)やブリッジの素材としてセラミックスと同様に使用しています。
症例によって適する素材をご提案していますので、要相談です。 
 

噛み合わせに問題がある方は金属がお嫌な場合は通常のセラミックスよりもハイブリッドセラミックスを選択し装着した方が破折を予防できて安全な場合があります(適切な素材選択が必要です)。
しかし、特に自然観ある充填物をご希望でない方やブラキシズム(口腔悪習癖)が強い方は、破折のリスクが高いため精度の高いハイカラットの金合金製インレーなどが安全で問題を起こしづらいためオススメします。

<セラミックインレーの特徴>
・自然な歯に似た色と質感があり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる
・正確で適切な接着操作をしないと破折することがある。

ラミネートベニア

この治療は、女性の手元を美しく彩る「ネイルチップ(付け爪)」とよく似ています。歯の表面を薄く削り、白いセラミックのチップを貼り付ける治療方法です。

例えば、「先天性の着色歯(テトラサイクリン着色歯など)」を気にしていた方への解決方法としては、妥当だと思います。こういった例外的な場合以外は、現在特にオススメしてはいません。

歯を白くしたいのでこの方法で前歯部・多数歯に行いたいといった希望には、賛成できません。
"審美"といった言葉による余計な加療になる場合が多いと思います。韓国スターのようにしたいといった患者さんもいましたが、健全な歯を切削するのは良くないので(そう説明し)お断りしました。

<ラミネートベニアの特徴>
・歯を削る量が少なく、ダメージを減らすことが可能。(全周削る場合に比べ)ダメージが少ない。
・離開し隙間の空いた歯の修整、矯正治療を使わない僅かな歯の修整なども
可能ではある(特にオススメはしません)。
*デメリットは、上の文章を参照のこと。

関連ページリンク

初めての方へ虫歯治療(う蝕治療)のこだわり予防処置
歯周病治療補綴・修復治療(いわゆる審美歯科)口臭予防
症例紹介よくあるご質問自費料金表医療費控除について

更新情報

       

休診日のお知らせ: 


           

 

余裕があれば夏の間に治療し始めましょう。  

涼しく快適な個室診療の当オフィスで予約が混む秋になる前に計画的に質の高い治療を余裕を持って行いましょう! 



////////////////////////ご予約について ////////////////////


電話予約制(メールでは受付不可)


急患も歓迎致します。

歯に不安のある方はこの機会に是非,歯科治療しましょう!

お気軽に、お問い合わせ下さい。 

   
 TEL 03−5637−7300

*終業時間間際の6時台には電話に出られないことがありますご了承下さい。診療時間内に予約やお問い合わせ下さい。

ご予約はスケジュールを確認できる状態でお取り下さい。
 *予約は電話でのみ承っています。 行き違いがあるためメールでの予約は一切お受けしていません。

 無断キャンセルや予約時間になってからキャンセルされる方がいて困っています.
ご都合が合わなくなった場合はできるだけ早く変更のご連絡をお願いします.

他院よりも充分時間をお取りしています.貴重な時間を無駄にしないようご協力をお願い致します.

皆様におかれましてもお忙しい中での通院であると存じますが,ご予約を守り通院して頂けるようご協力を御願い致します.




*いつもお口を爽やかに!歯のお掃除トゥースクリーニングをどうぞ!



◎最近、自称"顎関節症専門医"の治療を受けてむしろ顎関節に傷害を負って、来院される患者さんが増えています。 このような違法で不誠実な標榜をする歯科医にはご注意下さい!
ご相談全般はカウンセリング(自費)として承っています。

◎特に遠方からお越しになる方へ:治療概念を丁寧に説明していますので治療の説明だけでも充分な時間が必要です。時間には余裕を持ってお越しください。
詳細は予約時にお尋ね下さい。


SNSのフォロワーの方のご来院有り難うございます。
受診時にフォロワーである旨を是非おっしゃって下さい。

最近,治療においでになったついでに有楽町アンテナショップに寄ってお帰りになる方々も増えています。来院でベクレルフリーにも役立つと喜んでいらっしゃいます。

ちなみに有楽町〜銀座周辺のアンテナショップはこちら!




トップへ » 初めての方へ » 補綴・修復治療